日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

群亀大吟醸とっときの酒


ピカピカの目をしたいわしがこちらをじっと見つめていたので、今日はいわしをじっくり煮込みましょう。
そして今日のお酒は「群亀大吟醸とっときの酒」です。
「群亀大吟醸とっときの酒」は「酒造好適米の最高峰「山田錦」を40%に磨きこんで丁寧に醸した大吟醸酒で、度数がちょっと高めに仕上げてあります。
深みのある吟醸香、口当たりはまろやかで、含み香にはキャラメルのような香りが潜んでいます。
温かみのある味わいで、後味には爽やかなキレを感じ、長い余韻が楽しめます。
ほのかな酸味と深い味わい、一言で表せない複雑な味わいで、じっくり腰を据えてのみたい、まさに「とっときの酒」です。

「いわしのしょうが煮」は弱火でコトコト煮ているので、骨まで食べられます。
しょうががさっぱりと爽やかで、お酒がどんどん進みます。
「じゃがいもと明太子のワンタン包み揚げ」はワンタンの皮はパリッと香ばしく、後味に明太子の辛味が出てきます。
こちらはお酒の香りが引き立って、またいい感じです。
パリパリッといくつも食べられますよ♪
「叙々苑サラダ」は「叙々苑」の野菜サラダのたれでレタスときゅうりを和えただけの簡単サラダです。
ごまの風味が良くって、にんにくが効いていて、もりもり食べられます。

「群亀大吟醸とっときの酒」はほのかな酸味と深い味わいの大吟醸でした。
お酒の味がしっかりしているので、パンチのある味わいのお料理でも負けませんよ。
いきの良いいわしと一緒にいかがですか?
ご馳走様でした。


 
┏ ≪いわしのしょうが煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・いわし(刺身用)…8尾
┃・しょうが…1片
┃・ねぎの青い部分…2~3本
┃・A水…200ml
┃  酒…大さじ5
┃  ざらめ…大さじ3
┃  醤油…大さじ4強

┃ 【作り方】
┃1)いわしはうろこを取り、
┃  水洗いしてペーペータオルで拭き、
┃  頭を胸びれの下で切り落とす。
┃  腹を肛門まで斜めに切り落とし、
┃  内臓を出し水洗いし、
┃  ペーパータオルで拭く。
┃2)しょうがは皮付きのまません切りし、
┃  ねぎは鍋の大きさに合わせて切る。
┃3)鍋にねぎをしき、その上に
┃  いわしを並べ、しょうがを散らす。
┃  Aを加えて中火にかける。
┃4)煮立ったら落しぶたをし、
┃  弱火で30~40分汁気が
┃  なくなるまで煮る。
┃  途中いわしの上下を返す。
┃5)そのまま冷まし、味をしみこませる。
┃  煮汁ごと器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
┏ ≪じゃがいもと明太子のワンタン包み揚げ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・じゃがいも…1個(200g)
┃・明太子…40g
┃・ワンタンの皮…24枚
┃・塩…少々
┃・コショウ…少々
┃・揚げ油…適宜

┃ 【作り方】
┃1)じゃがいもは皮をむき一口大に切る。
┃2)鍋に1と全体がかぶる位の水を入れ、
┃  強火にかける。
┃  沸騰したら弱火にし、
┃  じゃがいもが柔らかくなるまでゆでる。
┃3)竹串が通るようになったら湯を捨て、
┃  再び強火にかけて鍋をゆすりながら
┃  余分な水分をとばして、粉ふきいもにする。
┃  熱いうちに塩、コショウ各少々をふって
┃  形がなくなるまでつぶす。
┃4)3が冷めたら薄皮を取った明太子を加えて
┃  よく混ぜる。
┃5)4をワンタンの皮に包み。
┃  175~180℃の揚げ油で
┃  色よく揚げる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-06-09 10:08