日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

カテゴリ:麒麟山( 5 )

「麒麟山越淡麗吟醸酒」を「サバの味噌漬け」と楽しみました♪



写真1



今日は新発売の吟醸酒を楽しみます♪

今日のお酒は「麒麟山越淡麗吟醸酒」です。

「麒麟山越淡麗吟醸酒」は香りは穏やかで口当たりほんのり洋ナシのようなフルーティーな甘みを感じ、それがスーッとさっぱり引いていくような感じです。

どちらかというと含み香の方が豊かで、フルーティーな旨味がすっきき馴染んでいくような感じですね。


麒麟山は辛口のイメージだけど、これはフルーティーでそんなに辛くなく、すっきり軽やかな味わいですね。



写真2



さて今日は「サバの味噌漬け」を焼いたものを用意しました。

カボスを絞って大根おろしといただきます。

サバは脂がのっていて旨味があって、味噌の香ばしさ&大根おろしのさっぱりでおいし~~(*^¬^*)

お酒がさっぱり感じます。



写真3



「マイタケのてんぷら」はすっごいマイタケの香りがどんどん膨らんできて、美味しい!!

お酒がよくなじんでくれますね。




写真4



「レンコンの酢の物」はシャリシャリした歯触りと、さっぱりかんが癖になりますよね。

お酒がまろやかに感じます。




写真5



「麒麟山越淡麗吟醸酒」は麒麟山=辛口のイメージを抱いていた私を見事に裏切ってくれる、ほんのり甘く含み香が豊かなすっきりした旨味のおいしい吟醸酒でした。

ご馳走様でした。



今日のお酒→【麒麟山越淡麗吟醸酒】
利き酒師山崎めぐみの地酒日誌【麒麟山越淡麗吟醸酒】
http://www.yamazakisaketen.com/nikki/120107.htm
利き酒師山崎めぐみの地酒日誌【麒麟山越淡麗吟醸酒】動画

山崎酒店.COMが発行するメールマガジン「地酒かわら版」のお申し込みはこちら!

日付:2012年01月07日(土)
―――――――――――――――
飲んだ地酒の銘柄:
麒麟山越淡麗吟醸酒
―――――――――――――――
飲んだ地酒の銘柄(ひらがなで):
きりんざんこしたんれいぎんじょうしゅ
―――――――――――――――
製法:吟醸酒
―――――――――――――――
生産地:阿賀町
―――――――――――――――
蔵元:麒麟山酒造(株)
―――――――――――――――
味わい:すっきりした旨味
―――――――――――――――
原料:越淡麗
―――――――――――――――
購入場所:山崎酒店
―――――――――――――――
購入価格:1,380円


[PR]
by yamazakisaketen | 2012-01-11 15:48 | 麒麟山

麒麟山伝統辛口原酒



今日は新発売の原酒を楽しみます。
「麒麟山伝統辛口原酒」です。
「麒麟山伝統辛口原酒」は人気の「麒麟山 伝統辛口」通称「伝辛(でんから)」の原酒です。

加水していない原酒なので、度数は何と22度!
冷たく冷やしていただきます。

味わいの力強さがすでに香りからも伝わります。
かなりきりりりり~~~!!って感じですね。
旨味がまろやかと思いきや、超辛口です!!



さて今日は「アジのたたき」です。
おいし~~♪
ショウガとわさびでさっぱりと、アジの旨味でお酒がうまくまとまるというか、辛さが柔らかくなっていい感じです。



「こんにゃく煮」はさきいかと一緒に煮ています。
すっごい味が染みていますね。
こちらもお酒と馴染んでくれますね。



「福島りょうぜん漬けのとうちゃん漬け」は結構ニンニク効いていますね。
ちょっとピリ辛で、お酒も辛く、お互い後弾く辛さですね~。



「麒麟山伝統辛口原酒」「麒麟山伝統辛口」の原酒で新潟を代表する淡麗辛口の原酒なんです。
かなり超辛パンチのある味わいです。
お料理と合わせることでその味わいがまろやかになるので、その変化を楽しんでいただきたい新潟の超大辛口でした。
ご馳走様でした。

今日のお酒→【麒麟山伝統辛口原酒】
利き酒師山崎めぐみの地酒日誌【麒麟山伝統辛口原酒】
http://www.yamazakisaketen.com/nikki/101009.htm
利き酒師山崎めぐみの地酒日誌【麒麟山伝統辛口原酒】動画
http://youtu.be/pKFkU9-2ggg

山崎酒店.COMが発行するメールマガジン「地酒かわら版」のお申し込みはこちら!

日付:2011年07月09日(土)
―――――――――――――――
飲んだ地酒の銘柄:
麒麟山伝統辛口原酒
―――――――――――――――
飲んだ地酒の銘柄(ひらがなで):
きりんざんでんとうからくちげんしゅ
―――――――――――――――
製法:普通酒原酒
―――――――――――――――
生産地:阿賀野市
―――――――――――――――
蔵元:麒麟山酒造(株)
―――――――――――――――
味わい:超辛口!!
―――――――――――――――
原料:―――
―――――――――――――――
購入場所:山崎酒店
―――――――――――――――
購入価格:998円
―――――――――――――――
[PR]
by yamazakisaketen | 2011-07-13 14:22 | 麒麟山

吟醸なまきりんざん


笹の葉さーらさらー♪今日は七夕です。
新潟を代表する生酒「吟醸なまきりんざん」で乾杯します。
「吟醸なまきりんざん」はクリーンルームで詰めているこだわりの吟醸生酒です。
ふんわり華やかな吟醸香、透明感のある柔らかい味わいが滑らかに舌の上を覆っていきます。
含み香よりも後味の残り香の方が豊かで、爽やかなキレ味と余韻を楽しめます。
すっきりとした味わいは麒麟山の得意とする「淡麗辛口」。
だけどただ単に「キレイ」なだけではなく、生酒の旨さが良く出ています。

さて、今日は「ぶりの煮おろし」を作りました。
油で揚げたぶりを大根おろしとだしでさっと煮ています。
揚げることでぶりの旨味がギュッとつまり、大根おろしでさっぱりしています。
お酒と柔らかく馴染んで(^¬^)お酒がさらにぶりの旨味を引き立ててくれます。
「夕顔のあんかけ」は季節の味わいとして毎年食べたい一品です。
ツルンと優しく上品な味わいで、お酒とも良く合います。
そして「なすのオランダ煮」はなすによ~く味が染みていて、後味のしょうがが取っても爽やかです。
こちらはお酒の旨味が引き立ちます。
「吟醸なまきりんざん」は爽やかなキレと生酒の旨味がうまい吟醸の生酒でした。
どんなお料理にも良く合いますよ。
ご馳走様でした。


 
┏ ≪ぶりの煮おろし≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ぶり…4切れ
┃・片栗粉…適量
┃・揚げ油…適量
┃・Aだし汁…1・1/2カップ
┃  みりん…1/2カップ
┃  薄口醤油…1/4カップ
┃・赤唐辛子…1本
┃・大根おろし…1カップ

┃ 【作り方】
┃1)ぶりは1切れを3つに切り、
┃  水気をふき取り、片栗粉をまぶし、
┃  余分なこなをはたき落とす。
┃2)180℃に熱した揚げ油に
┃  1を入れ、ゆっくり火を通し、
┃  揚げる。
┃3)鍋にAを入れて煮立て、
┃  種を抜いて小口切りにした
┃  赤唐辛子を加え、2を入れ
┃  さっとひと煮立ちさせる。
┃4)大根おろしの水気をしぼって、
┃  3に加え、すぐに器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪夕顔のあんかけ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・夕顔…300g
┃・えび…6尾
┃・だし汁…3カップ
┃・塩…小さじ1/2
┃・薄口醤油…小さじ1
┃・みりん…大さじ1/2
┃・酒…少々
┃・A片栗粉…大さじ1/2
┃  水…大さじ3

┃ 【作り方】
┃1)夕顔は薄く皮をむき、
┃  種をキレイにとって水洗いし、
┃  2センチ幅のいちょう切りにする。
┃2)だし汁に1を入れ火にかけ、
┃  煮立ったら弱火にして20分位
┃  ゆっくりと煮る。
┃3)えびは背わたを取り、
┃  酒少々をふりかけておく。
┃4)柔らかく煮えた夕顔に、
┃  塩、薄口醤油、みりんを加えて、
┃  3のえびを2cm位に切って加え、
┃  最後にAの水溶き片栗粉を回し入れ
┃  とろみをつける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪なすのオランダ煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・なす中…12個
┃・だし汁…1カップ
┃・醤油…大さじ3
┃・砂糖…大さじ1
┃・しょうが…少々2

┃ 【作り方】
┃1)なすのヘタを切り落とし、
┃  切り口に十字に深く切り込みを入れる。
┃  しょうがは千切りにする。
┃2)鍋にたっぷりの湯を沸かし、
┃  なすを下ゆでする。
┃  鍋蓋で押さえながらゆで汁を捨てる。
┃3)2にだし汁を入れ、醤油、砂糖を加えて
┃  火にかけ、煮汁が半分以下になるまで
┃  弱火で煮詰める。
┃4)器に盛って煮汁少々をかけ、
┃  針しょうがを天盛りにする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-07-07 10:29 | 麒麟山

麒麟山kagayaki daiginjo生原酒


夏も終わりに近づいてきています。
名残惜しい気持ちで、夏野菜を使ったお料理ととっておきの大吟醸「麒麟山kagayaki daiginjo生原酒」をたのしみましょう♪
麒麟山kagayaki daiginjo生原酒」は山田錦を38%に磨き上げた大吟醸の生原酒で、ラベルもかっこいいでしょ。

華やかな果実の香り、含み香もかなり華やかで、凛とした深い味わいの辛口です。
かなりキレがあって、爽やかな余韻が広がります。
今日はオクラの肉巻きを作ってみました。
にんにくとねぎのみじん切りとちりめんじゃこを塗った豚肉でオクラを巻き、こんがりと焼いてあります。
にんにくの香りがした後、ちりめんじゃこの香ばしさが広がり、オクラのぬめっとした食感がいい感じです(^¬^)

後味はちりめんじゃこの旨味がしっかり利いていて、これはそんじょそこらの肉巻きより酒飲みには旨いぞ!!
お酒がすっきりと辛味も和らぎます。
茄子の和風ピザの生地はなんと油揚げ。
醤油を塗ってパリッと焼いた油揚げに、茄子ととろけるチーズを乗せて更に焼き、万能ねぎを散らしてあります。
茄子とチーズってよく合いますね♪

たこの緑酢は摩り下ろしたキュウリとたこの酢の物で、上にイクラを天盛りしてあります。
こちらもお酒がキリッと引き立ちます。
麒麟山kagayaki daiginjo生原酒」はお料理と合わせると一層引き立つような凛とした大吟醸でした。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-08-20 10:57 | 麒麟山

麒麟山純米吟醸辛口


ばーばーが「日本酒でごはん」というレシピ本を片手に「今日これ作るっけね♪」といいつつ見せたメニューは「もち米だんご」。
純米酒とよく合うと紹介されていました。
純米酒純米酒・・・「麒麟山純米吟醸辛口」に決定!
麒麟山純米吟醸辛口」は麒麟山の辛口シリーズの純米吟醸で、「純辛」の愛称で人気の1本です。

柔らかい純米香、透明感があり、キリッとした口当たりです。
後味に爽やかな余韻が広がります。
淡麗辛口の代表選手といった雰囲気の、安心感のある味わいです。
もち米だんごは豚挽き肉の肉団子にもち米で衣を付けて蒸した点心です。
挽き肉がジューシーで、周りはもっちり、生姜が利いていて(*^¬^*)
お酒とまろやかに馴染んでくれます。

銀鮭の西京付けは麹の香りがよく、脂がのっています。
お酒ともスッキリよく合います。
蟹の蟹味噌和えは缶詰なのですが、これはやっぱり酒好きにはたまらん♪お酒が進みます。
麒麟山純米吟醸辛口」はキリッとした辛口なので、料理を選ばない食中酒にピッタリの一本でした。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2005-03-12 14:23 | 麒麟山