日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

越乃雪椿しぼりたて純米吟醸


地元の雪椿酒造さんから「しぼりたて」が入荷しました。
という事で今日は「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」
「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」は山田錦とゆきの精で醸した純米吟醸のしぼりたてです。
温かみのある麹の香りと純米香が漂い、口に含むと豊かな吟醸香が広がります。
舌触りがとてもキメ細かく滑らかに旨味が広がります。
旨味と酸味のバランスが良く、後味に優しいキレを感じ、しぼりたてらしいフレッシュ感が楽しめます。

アルコールは16~17°と若干高めですが、お酒の旨味に誘われてついついまた一口とお酒は進みます。
今日は「寒ブリの照り焼き」を作ってみました。
照り照りに焼きあがった照り焼きはあんまり照り照りで写真では反射してしまってうまく撮れません(^^ゞ
脂ののったブリはジューシーで見た目よりも脂っぽくありません。

お酒とまろやかに馴染んでくれて(*^¬^*)
おからには筍が入っていて、筍と椎茸の美味しい出汁でおふくろの味もワンランクアップです。
銀杏はもっちり、塩を付けて・・・やっぱこれだね!!
このはぜた銀杏をむきながらお酒を会話を楽しむひと時、これを至福の時と呼ぶのでしょうか。

「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」は旨味のある滑らかフレッシュです。
癒しのときを与えてくれた美味しい「しぼりたて」でした。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-29 16:33 | 越乃雪椿

萬寿鏡一年寝太郎


ばーばーが新聞を片手になにやら張り切っています。
料理欄に載っていた「シベリア風水餃子」を作るから材料を買ってきてと頼まれました。
「シベリア風水餃子」・・・どんな味わいなんでしょう??
一応餃子と言う事で落ち着いた味わいのお酒「萬寿鏡一年寝太郎」を選んでみました。

「萬寿鏡一年寝太郎」は850リットル入る大きな甕に純米酒を貯蔵し、室温15度に設定された貯蔵蔵に一年間寝かせましたお酒です。
落ち着いた純米香、旨味がまろやかに広がり、キメ細かい余韻が楽しめます。
後味に爽やかなキレがあります。

さて、アツアツの「シベリア風餃子」が出来上がりました。
大葉、ゆずを散らしたサワークリームに水餃子をつけて食べます。
茹でる時茹で汁にバターを入れてあるので、かなりアツアツです。
あふあふ言いながら口に入れると、もっちりした皮にまろやかなサワークリームが絡んで、餃子とパスタの中間くらいな感じです。
意外とお酒とまろやかに馴染んでくれてうれし~。
ばーばーは醤油を足した方がおいしいねって言いながら・・・やっぱり日本人にはお醤油なのでしょうか・・・。

ホタルイカはわさび醤油で、甘くていけてます!
「萬寿鏡一年寝太郎」は意外と食中酒として楽しめる1本でした。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-23 15:24 | 萬寿鏡

夏子物語純米吟醸生貯蔵酒


今日は我が家の新年会です。
お坊さんに新年のお経を上げていただいて、その後はもちろん宴会ですよ。
乾杯のお酒は「夏子物語 純米吟醸 生貯蔵酒」
「夏子物語 純米吟醸 生貯蔵酒」は昨年水害と地震の被害で入荷が延び延びになってしまい、やっと入荷したお待ち兼ねの1本です。

優しく気品に満ちた果実香、含み香には麹の香りが広がります。
純米らしいコクと滑らかで透き通るような味わい、スーッと伸びのある余韻がとても心地良く楽しめます。
口当たりに少し純米特有の酸を感じますが、全般的に滑らかなので、その酸が良い響きを出しています。

さてさてずらりと並べられたご馳走の中から一番最初に箸をつけるのは・・・トロです♪
旨味とお酒がさらっと馴染みます。
鯛は透き通るような色で、甘味は控えめでしたが後味がよろし♪
白子のまったりジューシーな味わいにはお酒がキリッと締まって(*^¬^*)
蟹とお酒も良く合いますよ。
鴨肉は脂とお酒の酸が少し喧嘩する感じでちょっと残念でしたが・・・
料理の美味さはもちろんの事、若いお坊さんはとても気さくで、宴もたけなわとなり楽しい新年会となりました。

「夏子物語 純米吟醸 生貯蔵酒」は兎に角豪華なお料理たちをうまく引き立ててくれるような、上品な酸味の純米吟醸でした。
去年よりもまろやかに仕上がっていますよ。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-17 17:57 | 清泉

トップページにリンクを貼りました


新潟地酒専門店 山崎酒店.COMのトップページにリンクを貼りました。
これでこのブログも日の目を浴びる事になるのかな・・・
ちょっとうれしはずかし・・・

今までも地酒日誌は投稿していたのですが、ここは「ブログ」の良さを活かして私の日誌への感想などをどんどん皆さんにコメントして欲しいです。

&本日から「口コミフォーラム」と言うのを始めました。
これはメーリングリストを使ったお酒のフォーラムです。
メールアドレスを登録してお酒の薀蓄とか、最近飲んだお酒の話とか、今注目のお酒とか・・・
兎に角お酒談義をしませんか!
登録は↓
http://www.yamazakisaketen.com/kutikomi.htm
からお願いします。
お待ちしています(^-^)

今日はform mail.cgiの設定に挑戦したり、メーリングリストを作ったりとなかなか私にしちゃぁ良くやったぞ(^。^;)ほっ
だけどこれで1日パーだ(;^_^A あせあせ
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-10 17:19 | お知らせ

長者盛吟醸生原酒


今日は長女みーたんの2歳のお誕生日です。
お肉好きなみーたんのために今日はカツを揚げましょう。
そしてお祝いのお酒は「長者盛吟醸生原酒」

「長者盛吟醸生原酒」
は新潟県産米を丹念に磨き、低温でゆっくりと発酵させた、しぼりたての生原酒です。
しっとり華やかな香り、麹の含み香も豊かです。
シュワットした炭酸が残っていて、しっかりした旨味とキレが楽しめます。
まろやかな口当たりとしっかりした旨味、そして爽やかなキレの3拍子が揃っています。

一口カツはサクッと揚がりました。
しっかりした味をつけたので、ソースいらずです。
お酒とスッキリ良く合います(*^¬^*)
蓮根の磯辺揚げは海苔の風味が良く、とろろが入っているのでふっくらと香ばしく揚がっています。
ばーばーのお得意料理なんですよ♪
大根の金平は甘辛で素朴な味わいです。


タコとわかめのからしマヨネーズ和えは茎わかめのコリコリとタコのくにゅくにゅで結構面白い食感です。
お酒がまろやかに感じます。
作るのも簡単で色も綺麗で、うれしい一品♪おすすめですよ。
「長者盛吟醸生原酒」はしっかりフレッシュでパンチの効いた美味しいお酒でした。
度数が20度と高いので飲みすぎに注意ですよ。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-08 16:49 | 越の寒中梅

越の華特選吟醸



年末31日の私の誕生日にだんなさんから「料理の基礎」と言う本をもらいました。
これは私のリクエストで、今まで毎日料理はしていたのですが、我流だったので、基本的なことを知りたいと思ってプレゼントしてもらいました。
今日はその本の中の「豚の角煮」に挑戦。
そして選んだのは「越の華特選吟醸」。
越の華酒造の渡邉さんからこんな吟醸酒もあるんですと紹介された吟醸酒です。
「越の華特選吟醸」は越の華のラインナップでは「中澄み吟醸」のライバル的存在なのですが、山田錦を55%に磨いて贅沢に仕込まれ、更に1,260円と言うびっくり価格とのことで、興味を引いてしまい、やっぱ飲まなきゃでしょう!
華やかな吟醸香に透き通るような味わい、含み香もかなり華やかで、きめ細かい舌触りと山田錦のふくらみがとても贅沢な一本です。
吟醸と呼ぶにはもったいないくらいです。
さてさて、プルプル煮に上がった角煮は生姜とかまったく入れていないのに臭みはなく、とっても柔らか。

なんてったって前の日から2時間下茹で、一晩冷蔵庫に寝かせ、その後2時間以上煮込みました。
味付けはシンプルにお酒と醤油、そして砂糖だけなのに・・・信じられない美味しさです。
今まで自己流だったけのでホントに目から鱗です。
見た目よりもあっさり感じるのでお酒ともマッチしています。
厚揚げの煮物はネギで風味をプラス。
そして仕上げはマンゴープリン!
果肉たっぷりのマンゴープリンは滑らかでまったりとフルーティー♪
お酒とはまろやかに馴染んでくれます。
うんうんこれはなかなかいい感じ(^-^)
本当はメインは白身のお刺身の方が良かったかもしれませんが・・・だけど十分に楽しめました。
「越の華特選吟醸」は華やかな香りと綺麗な味わいの中に豊かな味わいがある吟醸酒でした。
しかしこの味わいでこの価格、買いです!
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-05 17:09 | 越の華

越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒

c0025134_14565258.jpg明けましておめでとうございます。
今年も私の地酒日誌にお付き合い下さい。
ということで、私が選んだ今年初の新年に相応しいお酒は「越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒」
昨年の中越地震で高の井酒造さんは大変大きな被害にあいましたが、頑張って欲しい、そして明るい一年でありますようにという気持ちを込めて「越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒」を選びました。
華やかで甘い果実の香りがひろがり、口当たりはまろやかで、ほのかな甘味はキメ細かく滑らかです。
繊細な旨味があり、後からスッキリとしたキレを感じます。
余韻がまたなんとも言えず心地良く感じられます。
まさに今年の幕開けに相応しく、とびっきり極上の味わいです!
さすが金賞受賞酒!!と言う風格を感じます。
お酒を飲んでいて箸を持ちたくないお酒です。
(通じますか・・・?)
兎に角純粋にお酒を楽しんでいたいのです。
とはいえ、本日は元旦、おせち料理が並んでいるので、レポートしなきゃね(^^ゞ
新潟のお雑煮は醤油仕立て、角餅で、鮭に大根人参シメジなどなどとっても具沢山です。
一説には米どころ新潟はお餅が美味しすぎるので、食べ過ぎないように具沢山になったとか・・・
そして忘れちゃいけない「のっぺい汁」。
里芋、銀杏、人参、つきこん、しめじ、県央地区ではホタテが入っています。
ホタテの出汁と里芋のとろっと感がとってもいいんです!
そしてオードブルと魚屋さんの玉子焼き&寒天♪
この寒天の味は甘さ控えめで不思議な味わい、家庭ではまねできません♪
デザート系ではありますが、意外とお酒と合います。
「越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒」は兎に角美味しいお酒です!!
こんなに美味しいお酒でスタートできたんだから、なんだか良い一年になりそうです♪ ご馳走様でした。c0025134_14571173.jpgc0025134_14585773.jpg
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-01-01 14:54 | 越の初梅