日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2005年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

越乃雪椿特別本醸造


前回のレポートではメニューの選択ミスで、お酒は美味しかったのですがいまいちミスマッチだったので、今回は汚名挽回、和食で攻めてみます。
用意したのは「越乃雪椿特別本醸造」。
越乃雪椿特別本醸造」は手造り、低温発酵による丁寧な仕込が施された特別本醸造です。
柔らかく上品な甘い香り、口当たりは滑らかで、すーっと旨味が馴染むように広がっていきます。

キレがあって爽やかな余韻が楽しめます。
さてさて、和風メニューその1は揚げ出し豆腐です。
ふんわりぷっくり揚がったお豆腐にお出汁がかかり、大葉とネギの香りが広がります。
真ん中にピカピカ光っているのは和食メニューその2サヨリのお刺身です。
脂がのっていて、甘味があります。

弾力もあって旨味がたっぷりで、お酒をとっても引き立ててくれます!
マグロの赤身はさっぱりした旨味で○
和食メニューその3(?)レバーは甘辛く、一度揚げてあるので柔らかいです。
臭みはほとんど感じず、元気が出てきます(^-^)
越乃雪椿特別本醸造」は優しく上品に広がる旨味が和食と良く合う、食中酒にピッタリの一本でした。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2005-02-27 15:53 | 越乃雪椿

萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒


ついに「萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒」が入荷しました!
ってことは・・・もちろん飲んじゃいますよ。
「萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒」はしぼりたてのほやほやの生原酒で、更に無濾過無加水の生原酒なんです。

グラスに注ぐと既に良い香りが立ちこめ、蔵にいるような感覚が味わえます。
キリッと清冽な口当たりと、含み香に麹の香りを感じ、とってもフレッシュ!
キレ味にパンチがあります。

今日は宅配ピザです。
だんなさんには「めぐちゃん、写真撮る日なのにピザでいいの?」と言われたけど、たまにはこんなのもありかなって感じでトライです(^^ゞ
フレッシュトマトのピザはお酒がまろやかに感じます。
男爵芋とツナのピザは男爵芋がとっても甘くて、ベースがお醤油ソースなので素朴な味わいです。
こちらの方がお酒とはおすすめかな・・・お醤油ソースのお陰でお酒と美味く調和しているみたい。

そしてフライドチキン。
ここのピザ屋さんのはとっても柔らかくって、食べやすいのでお気に入りです。
「萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒」はまさにしぼりたてでフレッシュな生原酒。
飲んでいると身体の芯からほてって来るような、フレッシュでパンチの効いた一本でした。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-02-19 16:12 | 萬寿鏡

読売新聞新潟版に掲載されました

本日の読売新聞新潟版「ひと紀行」に「新酒」と言うテーマで掲載していただきました。
新潟県内の4人がピックアップされているうちの一人です。
一応写真もカラーで載っています。
機会があったら見てください。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-02-15 14:57 | お知らせ

越乃雪椿純米吟醸


先日「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」を楽しみ、感動してしまったのですが、よく考えてみたらその火入れをしたお酒はまだ飲んだことがありませんでした。
と言うことで杜氏の二宮さんもおすすめの「越乃雪椿純米吟醸」を楽しみましょう♪

越乃雪椿純米吟醸」は山田錦と清冽な天然水で低温発酵させた手作りのお酒です。
ふんわりとした花のような上立ち香、そしてその中にも純米香が潜み、キリッとした口当たりと、スーッと馴染むようなキレ味が楽しめます。

旨味があり、酸味は若干少なめで、かなりキリッとしています。
今日はチキンカツを作ってみました。
チーズと大葉を鶏の胸肉にくるっと巻き込んでカツにしています。
大葉の風味が爽やかで、チーズはとろっとしています。
お酒がまろやかに感じて(*^¬^*)
タコとエリンギのバター醤油炒めはガーリックとオリーブオイルの香りがタコの旨味を引き立ててくれます。
歯ごたえもいい感じで、エリンギは噛めば噛むほど旨味が出てきます。
このメニューは簡単でおすすめ!おつまみにピッタリの一品です。

越乃雪椿純米吟醸」は旨味がありしっかりしたキレ味で、美味しい純米吟醸でした。
しぼりたてとはかなり印象が違っているので、飲み比べてみると楽しいですね。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-02-13 14:52 | 越乃雪椿

白龍吟醸あらばしり


今年初の「あらばしり」が入荷しました。
「あらばしり」とは「もろみ」を槽掛け(ふながけ)して槽口(ふなぐち)からしぼりはじめた最初のお酒のことで、「白龍吟醸あらばしり」はしぼったばかりのお酒を無濾過で原酒のまま出荷しています。
その「白龍吟醸あらばしり」の味わいは如何に~!
麹の香りが広がり、かなりキメ細かい泡がゆっくちと立ち込めてくるのが見えます。

この泡、ビールの泡の100分の1くらいの大きさかな・・・とにかく小さい泡たちです。
含み香に豊かな吟醸香を持ち、そして見た目通り若干の炭酸を感じます。
しっかりした旨味とフレッシュ感、まさに「あらばしり」!です!!
出来立ての荒々しさと無濾過で全てをさらけ出したような素顔の味わいです。

昔で言う「杜氏の隠し酒」は酒好きにはたまらない味わいです。
今日はメバチマグロの中トロでやまかけです。
脂がのっていてとロット美味い!!
フレッシュなお酒と良く馴染んでくれます。
菜の花のおひたしは「醤油洗い」と言うひと手間を加えてあります。
このひと手間で水っぽさがなくなり美味しく仕上がりました。
菜の花独特のぽっくりした味わいに春を感じます。

「白龍吟醸あらばしり」は季節の味わい、シュワットフレッシュで旨味のある美味しいお酒でした。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-02-05 15:20