日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒「春の陽に」


春野菜がおいしい季節です。
春キャベツに新たまねぎ、新じゃがにアスパラ・・・。
今日はこの春野菜を主役にしたおつまみで、今年の春の新作限定酒を楽しみましょうね♪
と言うことで今日のお酒は「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒「春の陽に」」です。

萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒「春の陽に」」は今春に仕込み、醸成し、しぼったばかりの純米吟醸の生原酒です。
なんと500本のみの限定酒なんです(^^)v
グラスに注ぐと酒蔵に足を踏み入れた時のようにとてもよい香りが漂います。
無濾過なので、若干色がついていますが、よーく目を凝らして見ると、小さな気泡がゆっくりと立ちこめています。
シュワッとする微弱なガスを感じつつ、麹の香りと旨味が口の中全体に広がります。
後味は滑らかで、後から追いかけるようにキレを感じます。
味に厚みのある旨い酒です(^¬^)
やっぱ無濾過の生原酒は違います!!

さてさて春野菜が主役のおつまみ其の1は「焼き鳥の昆布茶風味」です。
アスパラと鶏肉を交互に串に刺し、昆布茶で風味付けしてあります。
アスパラが香ばしく、アスパラってこんなに焼くと甘くなるの?ってかんじです。
鶏肉もジューシーで、お酒がまろやかになり、ついついお酒が進みます。
そして春野菜が主役のおつまみ其の2は「新たまねぎのツナオカカサラダ」です。
焼いた輪切りのたまねぎの上に水にさらした生のスライスたまねぎと鰹節とツナ缶を醤油と酢で和えたものをのっけて、最後に焼き海苔をぱらぱら散らすだけ♪

焼いたたまねぎはとっとも甘く、生たまねぎはしゃっきりと、そこにのりと鰹節が絡んで・・・(^¬^)
たまねぎの二つの風味を一度に楽しめる一品で、しかも簡単でお酒の良く合います!
萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒「春の陽に」」はとにかくお酒だけでも十分おいしく楽しめるのですが、気軽な気分で、肩肘張らずにプライベートタイムを楽しんでくださいね。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-04-30 15:34 | 萬寿鏡

山古志復興応援の酒純米酒


「目には青葉 山時鳥 初鰹」・・・
黒潮にのって北上した鰹が店頭に並べられました。
「初鰹」は昔から、江戸っ子が、「女房を質に入れてでも食べたい」と言うほど心待ちにしていたおいしい食べ物だそうで、・・・江戸っ子じゃなくても食べたいですよね。
今日のお酒は先週に引き続き第2弾「山古志復興応援の酒純米酒」です。
山古志復興応援の酒純米酒」は中越地震で被害にあった山古志村の復興を支援するための寄付金付のお酒です。

落ち着いた純米香に爽やかな酸味、スッキリした味わいで、後味にはキメ細かい余韻が楽しめます。
純米酒を謳っていますが、かなりレベルが高いぞ!
さてさて、瑞々しい切り口の「初鰹」はお刺身でいただきます。
生姜の香りよろしく、鰹のさっぱりした味わいがお酒とよく調和します。

挽肉の卵とじはウコッケイの卵でとじてあります。
卵の黄色が鮮やかでしょ♪
味わいも濃厚ですよ(^~^)
もずくはさっぱりと口中を浄化してくれます。
山古志復興応援の酒純米酒」は旬の味わいとよく合うおいしい純米酒でした。
値段もリーズナブルで、旨い、そして復興にも!!
皆さんも味わってみてくださいね。

鰹とおすすめですよ(^_-)---☆Wink
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-04-23 06:51

山古志復興応援の酒特別純米酒


今日はるよおばさんが寿司飯とネタを持ってきてくれました。
はるよおばさんは料理の先生だったので、料理の腕前は天下一品!うまいんです♪
今日のお酒は「山古志復興応援の酒特別純米酒」です。
山古志復興応援の酒特別純米酒」は中越地震で被害にあった山古志村の復興を支援するための寄付金付のお酒です。

優しく柔らかい純米香が広がり、滑らかでキメ細かい舌触りで、旨味がありスーッとなじむような味わいです。
落ち着きがあって、喉元を過ぎる感触も穏やかです。
はるよおばさんの寿司飯で作った手巻き寿司と手まり寿司です。
手まり寿司はマグロの赤身を「ヅケ」にしてあります。
大葉とねぎが寿司飯に入って香りよく、マグロの旨味で(^¬^)
手巻き寿司はイクラと鮭、きゅうりを巻きました。

そしてごぼうと牛肉のうま煮♪
牛肉の風味とごぼうって本当によく合うんですよね。
甘辛の味わいときりっと引き締める生姜がおいしいんです!
カキ菜の胡麻和えは甘くまろやかな旨味です。
山古志復興応援の酒特別純米酒」は料理の味を損なわない落ち着いた味わいの特別純米酒でした。

がんばれ山古志!!
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-04-16 07:40

ライチのカクテル


今日は家族揃ってお出かけです。
ちびたちの手を引きながらデパートへ、私の靴と子供たちの服を買い、そして最後に向かった先は「デパ地下」です。
おいしいにおいに誘われて「デパ地下」グルメをゲットです~♪・・・って手抜きジャン(;^_^A
今日のお酒は「ライチのカクテル」です。
ライチのカクテル」は日本酒ベースのカクテルで、冷え冷えをオンザロックで楽しみます。
甘く優しいマスカットの香りに、含み香にはクレープフルーツを感じ、フルーティーなあま~い味わいが広がります。
ライチの味でほとんどアルコールは感じず、ジュース感覚で飲めちゃいます。

さてさて、本日ご用意した「デパ地下グルメ」は中華です。
「チンジャオロースー」は牛肉がとっても柔らかで、旨味がたっぷり(^¬^)
「ゆばとしいたけの炒め物」は胡麻油の風味が食欲をそそりますが、素材があっさりしているのでしつこくありません。
ビーフンはさっぱりと仕上げてあって、子供たちにも大好評♪
マーボーナスはこってり、後から追いかけてくるような辛味がたまりません(^¬^)
この味わいは家庭では再現できませんよね!

「たまにはこんなのもいいよね♪」といいながらニコニコと手抜きを正当化する私と、おいしそうにそれを食べてくれるみんな(^^)
ライチは中国フルーツ(?)、なんだかお料理ともしっくりいった感じです。
ライチのカクテル」はとってもあま~く、ジュースみたいな感覚で飲めちゃいますよ。
和食とならデザート酒としても楽しめるのではないでしょうか。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2005-04-09 07:35

住の井純米吟醸古酒越豊穣'96山廃仕込長期熟成古酒


今日はとっておきの「古酒」を楽しみます!
そして「古酒」合いそうなメニューと言うことで、「燻製」に挑戦です。
以前ばーばーが中華なべを使ったお手軽な「燻製」を作ったのですが、今回はグルメ雑誌「おいしい晩酌」を片手に挑戦します。
中華なべにアルミ箔を敷きその上に燻製用のチップを片手で乗せられるくらい入れ、その上に網、そして表面にオリーブオイルを塗った魚を乗せ、アルミ箔でくるんだふたを乗せて30分中火にかけます。
後は待つだけ♪
と言うことで今日の「古酒」は「住の井純米吟醸古酒越豊穣'96山廃仕込長期熟成古酒」です。

住の井純米吟醸古酒越豊穣'96山廃仕込長期熟成古酒」は麹・掛米共に山田錦を使用した山廃仕込みの純米吟醸酒を長年に渡って長期熟成した古酒です。
ヴィンテージ1996ですよ♪
色は琥珀色で、落ち着いた熟成香が広がります。
スーッと馴染むような旨味と、後からキャラメルの香りが鼻から抜けていきます。
後味は結構すっきりしていて、甘めなのですが熟成香と後味のスッキリ感でまとまりが出ています。

さてさて、燻してから1時間ほど味を馴染ませた燻製のお味は・・・
この色と香りは燻製ならでは!!
サーモンは脂が乗っていてお酒ともよく馴染んでくれます。
シシャモは燻製にするとめちゃくちゃおいしいですよ(^¬^)
お酒ともスッキリ調和してこれはおすすめです♪
燻製卵は漬け込む塩水に入れるハーブがなかったので、ふきのとうの花で香り出しをしてから漬け込んでみました。
そしてふき味噌
香りよく、後味のほろ苦さがまたお酒を引き立ててくれます。 「住の井純米吟醸古酒越豊穣'96山廃仕込長期熟成古酒」はとにかく燻製ととても相性のいいおいしい熟成酒でした。

これは結構癖になりますよ。
干物や魚の切り身ですでに塩味がついている食材を利用すれば、意外と燻製も簡単に作れるので皆さんもトライしてくださいね。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-04-01 07:54 | 新潟の地酒