日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

越乃雪椿吟醸


今の時期はホタルイカのおいしい季節♪
今日は富山のホタルイカでおいしいお酒を飲みましょうね。
と言うことで今日のお酒は「越乃雪椿 吟醸」♪
越乃雪椿 吟醸」はラベルには書家・平野壮弦によるイメージカリグラフィーで味わいを表現しています。

優しい花のような吟醸香が漂い、旨味があり、後でキレが出てきて、余韻が楽しめます。
洗練されているというより、素朴な味わいがホッとするような気取らない吟醸酒です。
本日のホタルイカはボイルしたものを酢味噌で頂きます。
内臓も食べられるホタルイカは、ビタミンAの摂取もでき、イカに多く含まれるタウリンが、血中のコレステロールを下げる、中性脂肪を減らす、血圧を正常に保って、動脈硬化、 糖尿病等を予防するのに有効となんだか身体にもとっても良さそうです♪
目とくちばしを取ってあるので口当たり良く食べられます。
まったりした旨味と柔らかい身、お酒にまろやかさがプラスされ、よくマッチします(^¬^)

じゃが明太のワンタン揚げは香ばしくってちょっとピリ辛。
カリカリポックリピリッて言う感じで、くせになりそうです(^¬^)
蕨のおひたしはこんなに色よく仕上がりました。(見えますか?)
冷奴とお酒はまさに究極の組み合わせ!
なんといっても雪椿の会長さん一番のおすすめメニューですからね(^_-)---☆Wink
越乃雪椿 吟醸」は気取らない優しいイメージの吟醸酒でした。
ホタルイカ、冷奴とおすすめですよ。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2005-05-28 08:23 | 越乃雪椿

朝日酒造選抜大吟醸


今日は春キャベツと香味野菜を使ってヘルシーなお料理を作りましょう♪
そして今日のお酒は「朝日酒造選抜大吟醸」♪
朝日酒造選抜大吟醸」は高嶺錦を35%にまで磨いた大吟醸で、朝日酒造の「酒つくりの技の集大成」と称される一品です。
落ち着きのあるフルーティーな香りが広がり、含み香にはりんごを思わせる吟醸香を感じます。
透明感のある優しい口当たりで、後からキレが出てきます。
ふくらみはありますが、旨味は控えめなすっきりした辛口です。

さて、今日のヘルシーメニューその1は「鶏肉の香草蒸し」です。
胡麻油をちょっとたらした耐熱皿に、小松菜と長ネギ、ウドの上に鶏もも肉と生姜を乗せ、塩コショウ、お酒を振りかけてレンジで5分チン!
あら熱が取れた頃赤ピーマン、ウド、芹を乗せて、更に胡麻油をたらり。
生姜の風味が利いていて、旨味がぎゅーっと閉じ込めてある感じです。
お酒に旨味が増して◎
とっても簡単なのでおすすめです!!

そしてヘルシーメニューその2は「キャベツの辛味漬け」。
かわいらしくくるくる巻かれたキャベツにピリ辛の甘酢が掛けてあります。
キャベツの甘味がふんわりと優しい味わいです。
鳴門金時の大学芋は外はかりっとかりんとうのような味わいです。
中はポックリ、ゴマの香りが香ばしいですね。
朝日酒造選抜大吟醸」はスッキリとしていて肩肘張らないで飲めるような気取らない感じの大吟醸でした。

蒸し鶏とおすすめですよ。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-05-21 09:52 | 朝日山

越後お福正宗究極の大吟醸平成十七年鑑評会出品酒生原酒


今日は「究極の大吟醸」を味わいます(^¬^)
それは「越後お福正宗究極の大吟醸平成十七年鑑評会出品酒生原酒」♪
越後お福正宗究極の大吟醸平成十七年鑑評会出品酒生原酒」は平成十七年全国新酒鑑評会出品酒用に醸された選抜大吟醸を生原酒なんです!
鑑評会の出品酒と言うと、とても高価で手が出にくいのですが、このお酒は150mlのミニボトルなので価格もお手ごろなんですよ(^_-)---☆Wink

甘く蜜のような香りと、洋ナシのフルーティーな香りが広がり、生原酒のしっとり感も漂っています。
スーッと馴染む様な透明感のある味わいで、後味も滑らかです。
キメ細かい舌触りはさすが大吟醸!
それほど主張は強くはないけれど、出品酒の貫禄は充分です。
この押し付けがましくなく落ち着いた味わいは、優しく包み込んでくれるような雰囲気を醸しだしています。
生原酒なのにそれほど度数は感じず、ついついグラスを口に運んでしまいます。

さて、今日は「スギ」と「ブリ」のお刺身を用意しました。
「スギ」は脂が乗っていて、意外と噛み応えがあります。
お酒がかなりきりっと引き締まります。
「ブリ」はしっとり馴染みます。
こちらのほうがおすすめかな。
「みょうがだけ」は生で味噌を付けていただきます。
みずみずしくほのかに甘く、みょうがのくせが後味に感じます。
筍の煮物は歯触りが良く、鼻に抜ける風味が(^¬^)
ニシンと一緒に煮てあります。

・・・と言っているうちにもうすでに瓶は空に・・・(~へ~;)
越後お福正宗究極の大吟醸平成十七年鑑評会出品酒生原酒」はもうちょっと飲みたいところでなくなってしまうにくいお酒でした。
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2005-05-15 07:14 | お福正宗

萬寿鏡古備前大甕道楽仕込


今が旬の筍を頂きました。
今日はこの筍を木の芽焼きにして、山菜をてんぷらにしましょうね。
そして選んだお酒は「萬寿鏡古備前大甕道楽仕込」です。
萬寿鏡古備前大甕道楽仕込」は室町時代の大甕で仕込んだ特別純米酒で、造り方も自然にまかせた酒造りにこだわったお酒なんですよ。
穏やかな純米香が心地よく、透明感のある口当たりです。
旨味は控えめなのですが、爽やかな酸味とキレ味が純米らしい落ち着いた雰囲気を醸しだしています。

さてさて、筍の木の芽焼きは筍の香りが高く、香ばしく焼き上げてあります。
コリコリという歯触りがとっても楽しいのですが、米ぬかで下茹でした際、冷めるまで茹で汁に浸けておくところをすぐ上げてしまってエグミが残ってしまって・・・残念(--、)
だけどお酒には(^¬^)ばっちり合います!
芹の天ぷらはほのかに鼻に抜ける香りがとても良く、たらの芽も優しい味わい。
春キャベツのカニサラダはシンプルにオリーブオイルと塩&コショウのみのさっぱり味ですが、
カニの旨味とキャベツの甘味で十分おいしく感じます。
萬寿鏡古備前大甕道楽仕込」は穏やかな味わいの純米酒で、飲み手に媚びないようなまさに「道楽」な一本。
古備前の歴史を感じつつ、春の味わいを存分に引き立ててくれました。
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2005-05-07 11:09 | 萬寿鏡