日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

越後五十嵐川吟醸酒


今日は特別なお魚をゲットしました!!
それは「ノドグロ」!
日本海の「赤い宝石」とも称される「ノドグロ」の標準和名は「アカムツ」です。
口の中が黒いため、「ノドグロ」と呼ばれているそうです。
そして今日のお酒は「越後五十嵐川吟醸酒」です。
優しい吟醸香、スッキリした口当たりで、後味にだんだんボリュームが出てくるような味わいです。
余韻も長く、キレがあり、しっかりした味わいが印象に残ります。

さて今日のメインディッシュ「ノドグロ」は姿造りにしてもらいました。
「白身のトロ」と云われるその味わいは・・・
柔らかくふんわりとした舌触り、そしてとろけるような旨味・・・
(^¬^)
おいし~~~!!!
わさびが加わると甘味が増し、お酒ともよく馴染みます。

脂がしっかりのっているのに、舌に脂が残らず、だけど旨味はあって・・・もうたまりません!!
「大根の牛肉煮」は甘辛い味と牛肉の旨味がよーく染み込んでいて、しょうがのアクセントがまたいい感じです。
そして「鱈汁」は粕汁の優しい味わいと鱈の旨味がよく出ていておいし~~♪
身体もあったまりますね。
「越後五十嵐川吟醸酒」はしっかりした味わいの吟醸酒でした。
それにしても「ノドグロ」・・・うまかったぁ・・・♪
ご馳走様でした。


 
┏ ≪大根の牛肉煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・牛肉薄切り…300g
┃・しょうが…1片
┃・大根…1/2本
┃・わけぎ…少々
┃・A酒…1/4カップ強
┃  醤油…1/2カップ弱
┃  ざらめ…大さじ5
┃・米のとぎ汁

┃ 【作り方】
┃1)大根は3cm幅の半月切りにし、
┃  米のとぎ汁で竹串が通るまでゆでる。
┃2)鍋にAを入れ、煮立ったら牛肉を加える。
┃  途中でしょうがの千切りを加える。
┃3)2の鍋にさっと洗った大根を入れ、
┃  水をひたひた程度に加え、
┃  落し蓋をして味がしみるまで弱火で煮る。
┃4)器に盛り、わけぎの小口切りをあしらう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏ ≪鱈汁≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・たら…中1尾
┃・長ねぎ…2本
┃・みそ…50g
┃・酒粕…50g
┃・昆布だし汁…5カップ
┃・酒…1/4カップ
┃・塩

┃ 【作り方】
┃1)鱈は筒切りにして強く塩をふり、
┃  10分おいてから水洗いし、
┃  水気をよくきっておく。
┃2)長ねぎは2cm長さのぶつ切りにする。
┃3)鍋に昆布だし汁と酒を入れ、
┃  煮立ってきたらだし汁でといた酒粕、1の鱈を加え、
┃  火が通ったら味噌と2の長ねぎを加えて
┃  ひと煮立ちさせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-28 07:16 | 福顔

雪で倒壊

20年ぶりの高田市街地の集中屋根の雪下ろし始りました。
えぇw(☆o◎)wが-んそうなんですか??!!
今年の雪はすごいけど・・・
妙高酒造さんといえばここ最近ずーっと金賞続きでしたよね。
貯蔵庫って大吟醸は大丈夫なのかしら・・・
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-26 07:33 | 新潟の地酒

夏子物語純米吟醸しぼりたて


前回「夏子物語純米吟醸生貯蔵酒」をご紹介しましたが、今回は「夏子物語 純米吟醸 しぼりたて」です。
ちょっと順番が逆なようですが・・・(^^ゞ
「夏子物語 純米吟醸 しぼりたて」は漫画「夏子の酒」のイメージ酒として漫画のモデルである久須美酒造(株)さんが造ったお酒で、火入れをしていない生酒のしぼりたてです。
ふわっとした吟醸香の中に蔵の中を思わせる麹の香りが広がります。
滑らかな口当たりと爽やかな酸味で、しぼりたてらしくフレッシュで、後味にキレがあります。
1回火入れした「夏子物語純米吟醸生貯蔵酒」とはかなり印象が違いますね。
しぼりたての方が残り香に麹の香りと旨味がプラスされているようで、フレッシュ感と生独特の旨味に私の個人的な意見としては「夏子物語 純米吟醸 しぼりたて」に軍配です!

「ブリ大根の焼きねぎ添え」はブリの旨味がしっかりしみこんだ大根がたまりません。
焼きねぎの甘味と春菊の味わいが加わることで、味が単調にならず、なんだか得した気分!
「水菜と牛肉のさっと焼き」は水菜のシャキッとした歯触りと、ねぎの香り、そして牛肉とえのきの旨味が絡み合ってとっても(^¬^)v
酢橘とお醤油のさっぱり味で、お酒とまろやかに馴染んでくれます。
これはおすすめです!!
そして蕪の甘酢漬けはお酒と良く馴染んで箸休めにぴったりです。
「夏子物語 純米吟醸 しぼりたて」はフレッシュで麹の旨味を感じる美味しいしぼりたてでした。
ご馳走様でした。


 
┏ ≪ブリの大根焼きねぎ添え≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ブリ切り身…4切れ
┃・大根…1/2本(約300g)
┃・春菊…1/2把(約100g)
┃・長ねぎ…1/2本
┃・しょうが…2片
┃・A醤油…大さじ6
┃  酒…大さじ1
┃  砂糖…大さじ4

┃ 【作り方】
┃1)大根は小さめの乱切りに、
┃  しょうがは針ショウガにする。
┃  春菊、長ねぎは3cm幅に切り、長ねぎは網で焼く。
┃  大根とかぶるくらいの水を入れてゆでる。
┃2)大根に竹串が通ったら、
┃  湯を大根の高さの2/3程度(約2カップ)に減らし、
┃  ブリと半量のしょうが、Aを入れて火にかける。
┃  沸騰したら落し蓋をし、4分ほど煮る。
┃  ブリを取り出し、煮汁が1/2になるまで中火で煮る。
┃3)ブリを戻し、落し蓋をして煮汁が1/3になるまで
┃  中火で煮て、皿に盛る。
┃4)3の煮汁に春菊、長ねぎを入れ、1~2分煮る。
┃5)3に4を盛り、針しょうがを散らす。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪水菜と牛肉のさっと焼き≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・水菜…1/2把(約160g)
┃・牛肩ロース薄切り…240g
┃・人参…1/2本(約50g)
┃・長ねぎ…1/2本
┃・えのきだけ…1袋
┃・すだち…2個
┃・醤油…適量
┃・サラダ油…大さじ1
┃・塩、こしょう…各少々

┃ 【作り方】
┃1)水菜は7cmぐらいに、
┃  人参、長ねぎは千切りにする。
┃  えのきだけは石づきを取ってほぐす。
┃2)牛肉を広げて薄く塩、こしょうをふり、
┃  束にした1を巻く。
┃3)フライパンを熱し、油を入れて
┃  強火で2をさっと焼く。
┃4)盛り付けて、醤油とすだちを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-21 07:32 | 清泉

夏子物語純米吟醸生貯蔵酒


今日は大人気、私も大好きな「夏子物語純米吟醸生貯蔵酒」を飲んじゃいます。
「夏子物語純米吟醸生貯蔵酒」は漫画「夏子の酒」のイメージ酒として漫画のモデルである久須美酒造(株)さんが造ったお酒です。
上立ち香は優しく落ち着いた香りですが、含み香に吟醸香を感じ、透き通るような滑らかな舌触りとまろやかな口当たり、澄んだ味わいがどんどん広がっていき、後味にキリッとキレがあります。

余韻も長く、口の中で膨らむ香りがとても豊かに楽しめます。
旨味と酸味のバランスが良く、じっくり腰を据えて飲みたくなる味わいです。
今が旬の鱈を蓮根、ごぼうと一緒に煮込んで、家庭料理のほのぼのした味わいに仕上げました。

鱈にごぼうの風味が加わってgood!
白子もまったりと酒好きにはたまりませんねぇ!!
ごぼうも蓮根も味がしっかり入っていて、お酒がススミます。
「ポテトのオーブン焼き」はちょっと異色の組み合わせで、なんとイカの塩辛が入っています。
ブチブチいっているあつあつを頂きます。
ジャガイモが甘く、塩辛とチーズがとってもマッチしているのにはビックリ♪ d(⌒o⌒)b♪
これはおすすめです!!
お酒もスキット良く合います(^¬^)
白菜のおひたしはゆず皮を添えて上品に。
シンプルなんだけどお酒と優しく馴染んでくれます
「夏子物語純米吟醸生貯蔵酒」は含み香が豊かでキレのある純米吟醸でした。
「ポテトのオーブン焼き」是非作ってみてくださいね!!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪ポテトのオーブン焼き≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・じゃがいも…4個
┃・イカの塩辛…大さじ8
┃・とろけるチーズ…大さじ6
┃・みりん…大さじ2
┃・パン粉…大さじ2
┃・塩…少々
┃・コショウ…少々
┃・オリーブオイル…少々
┃・ガーリックオイル…少々
┃・わけぎの小口切り…適宜

┃ 【作り方】
┃1)じゃがいもは良く洗ってラップに包み
┃  皮付きのまま電子レンジ(500W)で約4分加熱する。
┃  1.5cm幅の薄切りにし、軽く塩、コショウをする。
┃2)イカの塩辛にみりんを混ぜる。
┃3)グラタン皿にオリーブオイルを薄く塗り、
┃  1を底に敷き詰めるように並べて
┃  2をのせる。
┃  チーズを散らしてパン粉をふりかけ、
┃  ガーリックオイルを少々ふる。
┃4)全体にオリーブオイルを回しかけ、
┃  220℃のオーブンで12~13分焼く。
┃  仕上げにわけぎを適量ふる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-14 07:26 | 清泉

冬の夜は瓶火入れで美味しいんです♪

06年正月
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

「冬の夜」を新年早々楽しんでいただきありがとうございます。
この「冬の夜」は丁寧な瓶火入れで、うまみがぎゅっと閉じ込めてあって美味しいんですよね。
普通の吟醸の原酒って思っていたら、いい意味で裏切られてうれしかった一本です。
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-10 07:33 | 萬寿鏡

八海山普通酒


今日はお正月に欠かせないお雑煮とキングサーモンカマで乾杯です♪
そして今日のは「八海山普通酒」です。
「八海山普通酒」は普通酒とはいえ五百万石を60%に磨いた贅沢なお酒です。
優しい香りと軽やかな口当たり、そしてスッキリした優しい味わいです。
するすると喉もとを通り過ぎていくような軽快な味わいで、ついついお酒が進みます。
今回はお正月なので、杉の枡で乾杯で楽しんでいます。
爽やかな杉の香りがプラスされ、お正月の神聖さを感じつつ、たまにはこんな演出もいいものですね。

頂き物でなければなかなかお目にかかれない新潟加島屋のキングサーモンカマです。
味噌漬けで、身がふんわりと柔らかく、旨味はたっぷり、更に脂は十分乗っているのですが、しつこさは感じさせません。
お酒と良く馴染んでくれてgoodです!!
新潟のお雑煮はお餅に鮭、大根、人参、イクラ、油揚げ、糸コン、ねぎが入っています。
焼いたお餅にお醤油ベースの汁をかけて食べます。
具沢山のお雑煮は、米どころ新潟のお餅が美味しすぎて食べ過ぎないようにと、具沢山になったとか・・・。

鮭とイクラの海の風味に焼いたお餅の香ばしさが加わり、これぞ新潟のお正月です!!
おかあさんのリクエスト「山芋と豆腐の落とし揚げ」はカリふわっとこちらも香ばしく、おいし~~~♪
お酒が油をスッキリさせてくれてこちらも(^¬^)
「八海山普通酒」は飽きのこない優しい味わいでした。
お料理を引き立ててくれる美味しいお酒でした。
ご馳走様でした。


 
┏ ≪山芋と豆腐の落とし揚げ≫

┃ 【材料】 (2人分)
┃・木綿豆腐…1丁(150g)
┃・長いも…1/6本(50g)
┃・にんじん…1/6本(30g)
┃・卵…1/2個
┃・めんつゆ(ストレートタイプ))
┃     …小さじ2
┃・青じそ…4枚
┃・片栗粉…大さじ1
┃・塩
┃・こしょう
┃・揚げ油

┃ 【作り方】
┃1)木綿豆腐をレンジ用ペーパーで包み、
┃  電子レンジ(500W)で約2分加熱して
┃  水切りをする。
┃2)長いもは皮をむき半分をすりおろし、
┃  半分は叩いて砕く。
┃3)皮をむいたにんじん、青じそは
┃  みじん切りにする。
┃4)ボウルに1と2を入れ、片栗粉を加えて
┃  豆腐をつぶしながら良く混ぜ合わせる。
┃  卵とめんつゆ、塩、こしょう各少々を加えて
┃  更に混ぜ、3を混ぜ合わせる。
┃5)揚げ油適量を170~180℃に熱し、
┃  スプーンを2本使って4をすくい、
┃  油に落とし入れて、
┃  こんがりきつね色になるまで揚げる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-03 07:21 | 新潟の地酒

越の初梅秘酒出品用大吟醸原酒


明けましておめでとうございます。
今年は元旦から晴天に恵まれ、今年一年が明るい光に満ちる事を予感させてくれるような陽気で始まりました。
今年も美味しいお酒と出会うことを期待して・・・(^-^)
新年幕開けのお酒として私が選んだのは「越の初梅秘酒出品用大吟醸原酒」です。
「越の初梅秘酒出品用大吟醸原酒」は鑑評会の出品を目的に極少量の大吟醸仕込みされたお酒です。
落ち着いた吟醸香と思いきや、含み香は華やかにゆったりと存在感を表してきます。

まろやかな口当たりとともに上品な味わいが広がったと思うと、まるでシルクサテンのように滑らかでキメ細かい舌触りが楽しめます。
大吟醸の原酒で度数も17度台と高めなのですが、それを感じさせないまろやかさです。
余韻もしっとりと楽しめ、「秘酒」まさに「秘酒」と納得させられます。

さて、お正月といえばおせち料理♪
タラバガニは旨味がぎゅっとつまって(*^¬^*)
お酒が加わると更に美味しく感じて(^-^)//""ぱちぱち
数の子はコリコリとした歯ごたえが癖になりそう!
こちらもお酒と組み合わさると双方が引き立てあい、極上の味わいとなります!

そして新潟のおせちに欠かせないのが「のっぺい」です。
里芋、人参、銀杏、ゆりね、イクラ、ホタテ、かまぼこ、つきこん、シメジが入っています。
やっぱ新潟のお正月は「のっぺい」です!
「越の初梅秘酒出品用大吟醸原酒」はキメ細かい舌触りと上品な深い味わいの大吟醸でした。
タラバガニとおすすめですよ!
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-01-01 10:36 | 越の初梅