日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒


今日はデパ地下でたんまりとうまいものをゲットしてきました!
そして今日のお酒は「萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒」です。
「萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒」は本来蔵元でしか味わえない搾りあがったばかりのお酒で、しぼったそのまま無濾過無加水の生原酒です。
グラスに注いだ瞬間から華やいだ香りが立ち込め、もう蔵の中に足を踏み入れたかのような錯覚に陥ります。
麹の香りと甘味、シュワッとしたフレッシュ感はまさにしぼりたてそのもの!!
後味はきりりと辛く、長い余韻が楽しめます。

「甘鯛と野菜たちの南蛮揚げ」は甘鯛の旨味と色とりどりの野菜たちでうれしい一品です。
蓮根、かぼちゃ、人参、なす、ごぼう、ししとうとたくさんの野菜が取れちゃいます。
そして「つくね」はお酒のフレッシュ感が和らぎ、とっても馴染む感じです。
もも肉の焼き鳥はお酒がすっきりd(-_^)good!!
「うなぎの骨せんべい」はカリカリッと香ばしく、そして甘辛く・・・クセになりそう!!

「タコのカルパッチョ」は意外とたこが柔らかで、にんにくとパプリカの香りが利いています。
「萬寿鏡にごろさ早春しぼり生原酒」はシュワピリッとフレッシュな旨味のおいしいお酒でした。
今日はしぼりたてのフレッシュ感に負けない肴を用意しようと思っていて、そうしたらついついしつこいものを選んじゃったかなと盛り付けながら思ったけれど、実際口にしてみたらどれをとってもお酒とよく調和して美味しかったです。

結果オーライですね。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2006-02-25 13:50 | 萬寿鏡

越乃雪椿しぼりたて純米吟醸


今日は私の待ちわびていた「しぼりたて」を飲んじゃいます。
と言うことで今日のお酒は「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」です。
「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」は去年はあまりの美味しさに何本か飲んでしまったという私のお気に入りの一本!
しっかりした純米香で、含み香に吟醸香を感じます。
口当たりは少し甘めで、しっとりと滑らかに舌に絡みつくような味わいです。
後味の余韻も長く、最後に爽やかなキレを感じます。
しっとりと、そしてフレッシュで、「うまい!」と言ってしまいます。

「アボカドと海老、白子の揚げだし」は海老はプリッと甘味があり、ねぎの風味でまたいい感じに、そして白子はトロッと、つゆがよく絡んでそれはお酒にd(-_^)good!!
アボカドだって口に入れるととろけるよう♪
アボカドはサラダだけじゃぁないんですね。
美味しさ新発見です!!
「ねばねばまぐろ」は海苔の香りが良いアクセントになっていて、長いものさくさくネバッとした感触がとっても楽しいですよ!
これもとってもおすすめです!!
「白菜ととろろ昆布の梅漬け」はさっぱりしていて梅の香りが春を思わせてくれます。
「越乃雪椿しぼりたて純米吟醸」はしっとりフレッシュな「うまい」1本でした!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪アボカドと海老、
┃     白子の揚げだし≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・アボカド…1個
┃・海老…4尾
┃・しし唐辛子…4本
┃・A 天ぷら粉…大さじ4
┃   水…大さじ6
┃・かけつゆ 鰹だし…240ml
┃      醤油…大さじ4
┃      みりん…大さじ4
┃      砂糖…小さじ2
┃・揚げ油…適量
┃・片栗粉…適量
┃・もみじおろし…適量
┃・万能ねぎの小口切り…適量

┃ 【作り方】
┃1)アボカドは横に種にあたるように切り目を入れ、
┃  上下をひねって二つに割り、種を抜き、
┃  皮をむいて食べやすい大きさに切る。
┃2)海老は殻をむいて背を開き、
┃  ワタを取り除く。
┃  白子も食べやすい大きさに切る。
┃3)しし唐辛子は揚げたときに破裂しないように
┃  竹串などで穴を開けておく。
┃4)1に片栗粉をまんべんなくまぶす。
┃  揚げ油を180℃に熱して
┃  カリッと揚げる。
┃5)2と3は混ぜ合わせたAをくぐらせて揚げる。
┃6)かけつゆの材料を鍋で煮立てて器に入れる。
┃  4と5を器に盛り、もみじおろしをのせ、
┃  万能ねぎを散らす。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪ねばねばまぐろ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・まぐろ赤身(刺身用)…200g
┃・長いも…20cmくらい
┃          (200g)
┃・オクラ…8本
┃・納豆…2パック
┃・納豆のたれ…2パック分6
┃・醤油…適量
┃・温泉卵…4個
┃・わさび…少々
┃・きざみのり…少々

┃ 【作り方】
┃1)まぐろはそぎ切りにする。
┃2)長いもは皮をむいて小口切りにする。
┃  塩ゆでして水気をきり、みじん切りにして
┃  包丁でたたく。
┃  オクラは硬めにゆで、
┃  ヘタを取ってみじん切りにする。
┃3)ボウルに1、2、納豆、納豆のたれを入れ、
┃  味をみながら醤油を加えていく。
┃4)器に3を盛り、上に1と温泉卵をのせ、
┃  きざみのりを散らし、わさびを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪白菜ととろろ昆布の梅漬け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・白菜…4枚
┃・とろろ昆布…15g
┃・梅肉…小さじ2
┃・薄口醤油…少々

┃ 【作り方】
┃1)白菜は細切りにしてボウルに入れ、
┃  とろろ昆布、梅肉を加えてもみ混ぜる。
┃2)白菜がしんなりしたら
┃  水気を絞って器に盛り、
┃  香り付け程度に醤油をたらす。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-02-18 13:43 | 越乃雪椿

常夜鍋はおいしいです

常夜鍋はいかがですか?
本当に常夜鍋は美味しいです。
新潟の寒い冬には鍋は欠かせませんよね。
常夜鍋は簡単シンプル、そして何よりリーズナブル!!
毎日食べても飽きないですよね。
お酒で煮込むからほうれん草のあくや豚肉のあくが出ないのが不思議です。
鍋奉行いらずですね。
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-02-14 07:18

越路吹雪純米酒(お燗編)


今日は「湯豆腐」です。
「湯豆腐」とくればお燗をつけなきゃね(^_-)---☆Wink
そして今日のお酒は「越路吹雪純米酒」です。
「越路吹雪純米酒」は五百万石と雪の精で醸した純米酒です。

ふわっと優しい純米香が広がり、純米のコクとキリッとした旨味が冴える辛口です。
後味にもキレがあり、余韻が長く楽しめます。
さて、「湯豆腐」は酢橘の特製ポン酢でハフハフと薬味を利かせて・・・
やっぱりこれです。

お酒ともまろやかに馴染んで、も~~~たまりませんネ(^¬^)
「アジフライ」はかりっと美味しく、お酒がかなりまろやかに!
「キャベツの辛味漬け」は色もきれいで、くるくるかわいく仕上がりました。
キャベツの優しい甘味にちょっぴりピリッとお酒とよく馴染んでくれます。
「越路吹雪純米酒」は冷ではまろやかですが、お燗をするとかなりキリッと冴えるお酒でした。
さしつさされつ、じっくりお燗はいいですよ。
ご馳走様でした。


 
┏ ≪キャベツの辛味漬け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・キャベツ…400g
┃・赤唐辛子…1本
┃・A砂糖…大さじ1/2
┃  酢…大さじ2
┃  醤油…大さじ1
┃  塩…小さじ1/6
┃  サラダ油…大さじ1

┃ 【作り方】
┃1)キャベツは熱湯でしんなりするくらいにゆでる。
┃  芯の厚いところは薄くそぎ、
┃  2、3枚重ねて端からくるくる巻き、
┃  2cmほどの長さに切って器に盛る。
┃2)赤唐辛子は種を取り、小口切りにする。
┃3)鍋に2とAを入れて煮立て、
┃  熱いうちに1にかけ、冷めてからいただく。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-02-11 07:03 | 越路吹雪

吉乃川純米原酒こしいぶき


今日は牡蠣の燻製にチャレンジします!
そして今日のお酒は「吉乃川純米原酒こしいぶき」です。
「吉乃川純米原酒こしいぶき」は新潟県が開発した新品種「こしいぶき」を使用して醸造した純米原酒です。
落ち着きのある純米香、含み香により純米らしさを感じます。
味にふくらみがあり、舌触りは丸みがあります。
余韻が長く後味にキレと原酒の力強さを感じます。
口の中で変化する味わいはバレエティー豊かです。

「鮭の焼物」は安心感のある美味しさで、お酒を少し優しい印象に変えてくれます。
「牡蠣の燻製」は牡蠣の旨味に燻製の香りのおまけつき!!
味付けはエクストラバージンオリーブオイルのみなのに(^¬^)v
おいし~~~♪
お酒ともまろやかに馴染んでくれます。
カラフルなパプリカも甘酸っぱくフルーティーです。
スモーキーな牡蠣とフルーティーなパプリカ、そしてイタリアンパセリの苦味、見た目もかわいくってgoodですね♪♪

「おかか薄揚げ餅」は香ばしく焼き上げた油揚げに鰹節の風味とお醤油の味わい、そして中からとろっとお餅とチーズが出てきます。
これは手軽で美味しくって、おつまみにぴったりです♪
白菜漬けはゆずと昆布を一緒に漬け込んであります。
冬の食卓には欠かせませんね。
「吉乃川純米原酒こしいぶき」は舌触りはまろやかなのに後味に強さがあるコクのある純米原酒でした。
お料理とも合性いいですよ。
ご馳走様でした。


 
┏ ≪牡蠣の燻製≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・生食用牡蠣…160g
┃・ジャンボピーマン(赤・黄)
┃     …各1/2個
┃・A紅茶の葉…1大さじ2
┃  グラニュー糖…小さじ1
┃・オリーブ油
┃  (エクストラバージン)
┃          …大さじ8
┃・塩
┃・イタリアンパセリ…少々

┃ 【作り方】
┃1)牡蠣は流水で洗い、熱湯でさっとゆでて
┃  水気をよくきる。
┃2)中華なべにアルミホイルを敷き、
┃  Aを広げて強火にかける。
┃  煙が出てきたら1を乗せた餅焼き網を置き、
┃  蓋をして鍋の中に煙が充満するまで約1分間過熱し、
┃  火を消して3分ほどおく。
┃3)牡蠣を裏返し、もう一度火をつけて煙が充満したら、
┃  火を消して3分ほどおく。
┃4)牡蠣をバットに移し、オリーブオイルを回しかけて
┃  冷蔵庫で冷やす。
┃5)ピーマンはヘタと種を取って食べやすい大きさに切り、
┃  塩ゆでする。
┃  冷めたら4と合わせて器に盛り、
┃  イタリアンパセリを飾る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏ ≪おかか薄揚げ餅≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・切り餅…2枚
┃・油揚げ…2枚
┃・スライスチーズ…2枚
┃・かつお節…適宜
┃・ラディッシュ…4個
┃・醤油

┃ 【作り方】
┃1)湯通しした油揚げを半分に切り、
┃  箸を転がして袋状に開く。
┃2)餅は半分の厚みに切る。
┃  スライスチーズは十字に切り、
┃  2枚を一つに重ねる。
┃3)油揚げに2の餅とチーズを詰める。
┃4)フライパンを熱して3を蓋をして焼く。
┃  餅が柔らかくなってきたら蓋を取って裏返し、
┃  両面をこんがりパリッと焼く。
┃5)4を食べやすい大きさに切って、
┃  かつお節少々と飾り切りしたラディッシュを盛り付け、
┃  醤油を適量たらしていただく。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-02-04 10:36 | 新潟の地酒