日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

越の初梅しぼりたて新米新酒本醸造限定酒


今日は待ちに待ったクリスマスです♪
クリスマスなのでちょっと奮発して「すき焼き」です!!
今日のお酒は「越の初梅しぼりたて新米新酒本醸造限定酒」です。
「越の初梅しぼりたて新米新酒本醸造限定酒」は今年獲れた酒造好適米五百万石の新米で醸した新酒のしぼりたてです。

落ち着いた香り、口当たりはまろやかで、上品な酸味と旨味があり、後味には優しいキレ味としっとりした余韻が広がります。
本日の「すき焼き」には2種類のお肉を用意しました。
霜降りの「村上牛」はふわっととろけて・・・(*^¬^*)
お酒とまろやかに馴染んでくれます!
も~うしあわせ♪

そして「純粋黒豚六白」は体に6箇所白い部分のあるバークシャー種という「純粋黒豚」だそうで・・・
お味は上品できめ細かなしっとりした感じ。
こちらも美味しい・・・(^~^)
「すき焼き」万歳!!
充分に美味しいお肉たちを味わった後は子供達の「ジングルベル」とケーキカットです。
家族揃ってのほのぼのクリスマスパティーってやっぱいいですね。
「越の初梅しぼりたて新米新酒本醸造限定酒」は上品な酸味と旨味のしっとししたしぼりたて新酒でした。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2006-12-24 16:35 | 越の初梅

萬寿鏡一年寝太郎


今日は美味しそうな「トロ鯖の塩焼き」をゲット!
「トロ鯖」の脂に負けない美味しいお酒を選びましょうね。
ということで「萬寿鏡一年寝太郎」に決めました。
「萬寿鏡一年寝太郎」は陶器の大甕に貯蔵した特別純米酒を、室温15度に設定された貯蔵蔵に一年間間寝かせたお酒です。
しっとりした純米香、含み香はより豊かで、口当たりはキメ細かくまろやかで、どんどんふくらみが出てきます。
後味には爽やかなキレがあり、味わいを引き締める酸味がほどよく感じます。
さて、お待ちかねの「トロ鯖の塩焼き」はカボスをぎゅっと搾って・・・
ふんわりした身に脂がジュワ~っと・・・(^¬^)めちゃうまです!!

お酒とまろやかに馴染んでくれてウマイ!!
「トロ鯖」+「岩下の新しょうが」・・・酒飲みでよかった(^^)♪
「筑前煮」は鶏肉、里芋、蓮根、ごぼう、人参、こんにゃく、筍、しいたけ、絹さやと9種の食材が入っています。

それぞれに味がしみていて美味しい・・・(^~^)
中でも里芋はお酒がキリッとしまっていいですよ♪
あれこれ食べているうちについつい食べ過ぎてしまいます(^^ゞ
「ブロッコリーの中華漬け」はごま油風味のピリ辛です。
普段のドレッシングやマヨネーズと一味違った味わいで美味!
ビールにも合いそうですよ!!
「萬寿鏡一年寝太郎」はまろやかで飲み飽きしない美味しい特別純米酒でした。
ご馳走様でした。

 
┏ ≪筑前煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・鶏肉…200g
┃・里芋(大)…3個
┃・ゆでたけのこ…100g
┃・蓮根…100g
┃・こんにゃく…1枚
┃・ごぼう…50g
┃・鶏肉…200g
┃・里芋(大)…3個
┃・ゆでたけのこ…100g
┃・蓮根…100g
┃・こんにゃく…1枚
┃・ごぼう…50g
┃・人参…50g
┃・干ししいたけ…3枚
┃・絹さや…8枚
┃・醤油…大さじ4
┃・ざらめ砂糖…大さじ3
┃・みりん…大さじ1
┃・酒…大さじ2
┃・だし汁…2カップ
┃・ゆでたけのこ…100g
┃・サラダ油…大さじ1
┃・酢…適宜

┃ 【作り方】
┃1)鶏肉は一口大に切る。
┃2)里芋は皮をむき、ぬめりを取って
┃  8等分、人参、ごぼうは乱切り、
┃  こんにゃくは食べやすい大きさに切り、
┃  それぞれをさっと下ゆでする。
┃  蓮根は2等分して5mm厚さに切り、
┃  酢水にさらす。
┃  ゆでたけのこは乱切りにする。
┃3)絹さやは色よくゆでておく。
┃4)鍋に醤油、ざらめ砂糖、酒、
┃  みりんを入れて煮立て、
┃  1を加え、強火でさっと煮て
┃  肉に火を通す。
┃5)大鍋で2、水に戻し大きめに切った
┃  しいたけを油で炒め、
┃  だし汁を加えて煮る。
┃  野菜が柔らかくなったら、
┃  4の煮汁を加えて煮上げる。
┃6)4を加えてもう一度火を通す。
┃  器に盛り、絹さやを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
┏ ≪ブロッコリーの中華漬け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ブロッコリー(大)…1個
┃・A豆板醤…大さじ1
┃  ごま油…大さじ1
┃  ほんがえし又はめんつゆ
┃     …大さじ4
┃・塩…適宜

┃ 【作り方】
┃1)ブロッコリーは小房に分け、
┃  硬めに塩ゆでし、ざるに上げて
┃  水切りする。
┃2)ボウルにAの漬け汁の材料を
┃  合わせ、ゆでたてのブロッコリーを
┃  入れて混ぜ合わせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-12-16 10:46 | 萬寿鏡

越の華 特撰純米吟醸


先日子供達の幼稚園で行われたお餅つき大会で、お手伝いをしたらお土産につきたても切り餅をいただきました。
今日はそのお餅を使っておつまみに挑戦(^^)
ということで「越の華 特撰純米吟醸」をチョイス。
「越の華 特撰純米吟醸」は酒造好適米五百万石で醸された「にごり酒」です。
穏やかな純米香の中に心地よい吟醸香が漂います。
含み香は豊かで、口当たりは滑らか、スッキリした中にもキメ細かい深い味わいが広がります。
後味には爽やかなキレがあり、全体をまとめています。

お餅を使ったおつまみには「スモークチーズの磯辺焼き」と言うのを作ってみました。
スモークチーズとお餅って結構いいですよ!
お酒ともまろやかに馴染んでくれます。
小腹がすいたときのおつまみにピッタリ!!
香ばしくあぶった「たたみいわし」は酒好きにはたまらない味わいです♪

「手羽元と大根の煮物」は優しい味に仕上がっています。
そこへゆずこしょうの塩分と辛味が美味しさを引き立てます(^¬^)
こちらはお酒が加わると新たな香りが生まれます。
大根も煮汁が十分に染みていておいし~~。
「越の華 特撰純米吟醸」は滑らかでスッキリした深い味わいの美味しい純米吟醸酒でした。
「スモークチーズの磯辺焼き」トライしてみてくださいね。
ご馳走様でした。

 
┏ ≪スモークチーズの磯辺焼き≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・切り餅…8個
┃・スモークチーズ
┃  (ブラックペッパー入り)
┃   …5mm幅に切ったもの8枚
┃・醤油…適宜
┃・韓国のり…4×10cmを8枚
┃・青じそ…8枚

┃ 【作り方】
┃1)焼き網を充分に熱し、
┃  餅をこんがりと焼く。
┃  両面に醤油をつけ、
┃  香ばしい香りがつくまで
┃  更に焼く。
┃2)熱いうちにチーズをのせ、
┃  青じそと韓国のりを巻いて
┃  食べる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
┏ ≪手羽元と大根の煮物≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・手羽元…12本
┃・大根…1本
┃・人参…2本
┃・ねぎの青い部分…2本
┃・サラダ油…大さじ2
┃・煮汁
┃  だし汁…7カップ
┃  醤油…80cc
┃  酒…40cc
┃  みりん…小さじ1
┃・ごま油…少々
┃・好みで
┃  ゆずこしょうもしくは
┃  豆板醤…各適宜

┃ 【作り方】
┃1)大根は厚さ3cmの輪切りにし、
┃  皮を厚めにむく。
┃  味がしみやすいように中央に
┃  十文字の切り目を入れる。
┃  人参の皮をむき、大き目の乱切りにする。
┃  手羽元はざっと水洗いしてざるに上げる。
┃2)大き目の鍋にサラダ油を熱し、
┃  1を入れて炒め、
┃  鶏肉の色が変わったらねぎと
┃  煮汁の材料を入れる。
┃  煮立ったら火を弱め、アクをすくう。
┃3)落し蓋をし、更に蓋をして
┃  30~40分煮る。
┃4)大根に煮汁が染みて
┃  竹串がスッと通るくらいに
┃  柔らかくなったら、
┃  ごま油を落として火を止める。
┃  しばらく味を含ませてから器に盛り、
┃  好みでゆずこしょうや豆板醤を
┃  つけながら食べる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-12-09 13:24 | 越の華

ほまれ麒麟辛口ささにごり


めっきり寒くなりました。
こんな日は鍋とにごり・・・ということで「ほまれ麒麟辛口ささにごり」を楽しみます。
「ほまれ麒麟辛口ささにごり」は酒造好適米五百万石で醸された「にごり酒」です。
乳白色のうすにごりで、口当たりはふんわり柔らかく、しっとりした味わいです。
キメ細かい舌触りにほのかな酸味と優しい旨味が調和したスッキリした辛口です。
後味にはキリッと引き締まったキレがあります。

さてお待ちかね熱々の「鶏だんご鍋」はふわっとした鶏だんごから旨味がじゅわ~っと♪そこへもみじおろしがピリッと効いて・・・(^¬^)
お酒ともまろやかに馴染んでくれて合性ばっちりです!!
お野菜もたっぷり取れて身体も温まります。
そして「マグロのお刺身」はさっぱりした旨味をお酒がふんわりと包み込んでくれるような感じです。
つまにはセロリをピーらーで引いたものを添えました。
シャキッとした歯ざわりと香りが良くって、マグロを引き立ててくれます。

「ほまれ麒麟辛口ささにごり」は優しくふんわりとしたうすにごりでした。
「鶏だんご鍋」で温まってみませんか?
ご馳走様でした。



┏ ≪鶏だんご鍋≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃―鶏だんご―
┃・鶏ひき肉…450g
┃・山いも…120g
┃・卵…1個
┃・しょうがすりおろし…1片分
┃・にんにくのすりおろし…1片分
┃・ねぎ(薄い小口切り)…20cm分
┃・片栗粉…大さじ2~3
┃・粗塩…少々
┃・粗びき黒こしょう…少々
┃―――――――――

┃・白菜…1/4株
┃・ほうれん草…1/2把
┃・ねぎ…1本
┃・生しいたけ…6~8個

┃―だし汁―
┃ (土鍋に入れて1時間以上置く)
┃・昆布…10cm四方のもの2枚
┃・水…7カップ
┃―――――――――

┃―もみじおろし―
┃・大根…5cm
┃・赤唐辛子…5本
┃―――――――――

┃・ポン酢

┃ 【作り方】
┃1)白菜は葉と芯に分け、
┃  それぞれ食べやすく切る。
┃  ほうれん草は根を切り落とし、
┃  5~6cm長さに切る。
┃  ねぎは大きめの斜め切りにする。
┃  しいたけは軸を切り、半分に切る。
┃2)大き目のボウルにひき肉を入れ、
┃  山いもをすりおろして入れる。
┃3)残りの鶏だんごの材料を全て加え、
┃  ねばりが出て全体がまとまるまで
┃  手でよく練る。
┃4)大根は皮を厚めにむき、
┃  菜箸で中央とその周りに
┃  数ヶ所穴を開け、
┃  水で戻して種を取り出した
┃  赤唐辛子を詰め、
┃  大根おろしの要領ですりおろす。
┃5)水と昆布の入った土鍋を火にかけ、
┃  温まったら白菜の芯とねぎを入れる。
┃  再び煮立ってきたら
┃  スプーンで鶏だんごをすくい、
┃  鍋の縁に落とし入れる。
┃6)鶏だんごに火が通ったら
┃  残りの野菜を加え、
┃  アクをすくいながら煮る。
┃7)ポン酢ともみじおろしで頂く。

┃※もみじおろしは前日から
┃ 大根に唐辛子を刺してラップで包み、
┃ 冷蔵庫で保管しておき、
┃ 食べる直前にすりおろすと
┃ よりおいしく食べられます。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2006-12-01 13:17 | 新潟の地酒