日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒


ばーばーが山形へ行き、私は極上のさくらんぼをゲット!!
・・・ってことは、今日は極上の大吟醸「越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒」で攻めます。
「越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒」は国新酒鑑評会で金賞を受賞した出品酒を原酒のまま瓶詰めした逸品で、今日飲むのは3年前に金賞を受賞した時の古酒です。
グラスに注いだ時から華やかな吟醸香が広がります。
含み香はフルーティーで、旨味の後からどんどんふくらみが出てきて、爽やかなキレが出てきます。

深い味わいに浸ると、ついつい箸を持つのも忘れグラスを口に運んでいます。
うまい!!
さて、今日は「お刺身」を用意しました。
「マグロの赤身」はお酒のキレを和らげ、マグロの旨味をお酒が引き立ててくれます。
ピカピカの「アジ」は脂がのっていてお酒と良く馴染んでくれます。
今日はアジに軍配でしょうか(^¬^)

「ほうれん草とひじきのお浸し」は夏に不足しがちな鉄分をたっぷり補ってくれます。
ほんのりごま油の風味が良く、こちらもお酒と良く合います。
そしてお待ちかねの「さくらんぼ」。
「木になるルビー」と箱にかかれていますが、甘酸っぱくこの微妙な味は言葉に表しづらいのですが、やっぱりうまい!!
このさくらんぼが本当にお酒、特に大吟醸と良く合うんです!!
やっぱこの組み合わせはやめられません。

「越の初梅金賞受賞酒大吟醸原酒」は枯れることなく深い味わいにまろやかさをプラスし、ふくらみと爽やかなキレがむしろ新鮮さを感じさせてくれるような極上の大吟醸でした。
さくらんぼの季節は極上の大吟醸をだまされたと思って試してみてくださいね(^_-)---☆Wink
ご馳走様でした。

 

┏ ≪ほうれん草とひじきのお浸し≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ほうれん草…1把
┃・人参…4cm
┃・油揚げ…1枚
┃・ひじき(乾燥)…大さじ2
┃・醤油…大さじ2
┃・ごま油…小さじ1/2

┃ 【作り方】
┃1)ほうれん草は茹でて水にとり、
┃  水気を絞って4センチ長さにきる。
┃  人参は千切りにする。
┃  油揚げは油抜きし、
┃  縦半分に切ってそれを
┃  細切りにする。
┃  ひじきはさっと洗って水で戻す。
┃2)醤油とごま油を良く混ぜる。
┃3)1をボウルで混ぜ合わせ、
┃  2で和える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-06-30 12:22 | 越の初梅

白龍夏のにごり酒吟醸


まだ6月だというのに夏日もたびたび・・・
そうこうしているうちに今年も「白龍夏のにごり酒吟醸」が入荷しました。
「白龍夏のにごり酒吟醸」は夏向きのにごり酒で吟醸造り爽やか仕上げなんですよ。
せっかくなので大きなお皿に氷をたっぷり入れて涼を演出してみました。
ふんわり甘く蜜が香るような吟醸香、口当たりはまったり甘いのですが、後味に爽快なキレがあり、長い余韻が楽しめます。
ビールの炭酸が喉に刺激的なように、このキレ味が刺激となって涼しさを運んでくれます。

夏と言えば「うなぎ」♪
ふんわりとした身と旨味・・・うまい!!
お酒にまろやかさが増してとってもおいし~(^¬^)V
そして「激辛麻婆茄子」は仕上げに「花椒」を入れている本格四川風(?)です。
ぴりりと爽やかな辛さは本当に激辛ですが、クセになりそうな辛さです。
にごりのまったり感が辛さを癒してくれるような、こちらも良く合います。
「きゅうりとハム生酢」は青じそ風味でさっぱりしています。
こちらはお酒の旨味を引き立ててくれます。

「白龍夏のにごり酒吟醸」は清涼感を呼ぶうまさのおいしいにごり酒でした。
夏バテ防止は「うなぎ」と「にごり」で決まりですね(^^)
ご馳走様でした。
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-06-23 10:50

越の華特撰吟醸


梅雨入りしたと思ったら暑い日が続いてぐったり(;^_^A
こんな日はちょっとピリ辛なものとすっぱいものが食べたくなりますよね。
今日のお酒は食を引き立ててくれそうな「越の華特撰吟醸」を選びました。
「越の華特撰吟醸」は山田錦を55%に磨いて贅沢に仕込まれ、更に1,260円と言うびっくり価格で、コストパフォーマンスの高いお買い得な吟醸酒です。
しっとりした吟醸香で、口当たりはまろやかでキメ細かい舌触り、味があって後味に長い余韻のキレが楽しめます。
落ち着きのある味重視の吟醸と言った感じです。

「鶏南蛮」はカリッとした鶏皮に後味がピリ辛で(^¬^)
お酒と良く馴染んでおいし~♪
「ニシンの酢漬け」はさっぱりとしたニシンがお酒の香りを引き立ててくれます。
「筍の煮物」は筍のみを煮てあります。
上に載せた木の芽がシンプルな味わいに華やかな香りをプラスしてくれます。
たけのことお酒のお互いが引き立てあって調和してくれています。
「越の華特撰吟醸」はお料理を選ばずさりげなく食を引き立ててくれるうまい吟醸酒でした。
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2007-06-16 06:58 | 越の華

群亀大吟醸とっときの酒


ピカピカの目をしたいわしがこちらをじっと見つめていたので、今日はいわしをじっくり煮込みましょう。
そして今日のお酒は「群亀大吟醸とっときの酒」です。
「群亀大吟醸とっときの酒」は「酒造好適米の最高峰「山田錦」を40%に磨きこんで丁寧に醸した大吟醸酒で、度数がちょっと高めに仕上げてあります。
深みのある吟醸香、口当たりはまろやかで、含み香にはキャラメルのような香りが潜んでいます。
温かみのある味わいで、後味には爽やかなキレを感じ、長い余韻が楽しめます。
ほのかな酸味と深い味わい、一言で表せない複雑な味わいで、じっくり腰を据えてのみたい、まさに「とっときの酒」です。

「いわしのしょうが煮」は弱火でコトコト煮ているので、骨まで食べられます。
しょうががさっぱりと爽やかで、お酒がどんどん進みます。
「じゃがいもと明太子のワンタン包み揚げ」はワンタンの皮はパリッと香ばしく、後味に明太子の辛味が出てきます。
こちらはお酒の香りが引き立って、またいい感じです。
パリパリッといくつも食べられますよ♪
「叙々苑サラダ」は「叙々苑」の野菜サラダのたれでレタスときゅうりを和えただけの簡単サラダです。
ごまの風味が良くって、にんにくが効いていて、もりもり食べられます。

「群亀大吟醸とっときの酒」はほのかな酸味と深い味わいの大吟醸でした。
お酒の味がしっかりしているので、パンチのある味わいのお料理でも負けませんよ。
いきの良いいわしと一緒にいかがですか?
ご馳走様でした。


 
┏ ≪いわしのしょうが煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・いわし(刺身用)…8尾
┃・しょうが…1片
┃・ねぎの青い部分…2~3本
┃・A水…200ml
┃  酒…大さじ5
┃  ざらめ…大さじ3
┃  醤油…大さじ4強

┃ 【作り方】
┃1)いわしはうろこを取り、
┃  水洗いしてペーペータオルで拭き、
┃  頭を胸びれの下で切り落とす。
┃  腹を肛門まで斜めに切り落とし、
┃  内臓を出し水洗いし、
┃  ペーパータオルで拭く。
┃2)しょうがは皮付きのまません切りし、
┃  ねぎは鍋の大きさに合わせて切る。
┃3)鍋にねぎをしき、その上に
┃  いわしを並べ、しょうがを散らす。
┃  Aを加えて中火にかける。
┃4)煮立ったら落しぶたをし、
┃  弱火で30~40分汁気が
┃  なくなるまで煮る。
┃  途中いわしの上下を返す。
┃5)そのまま冷まし、味をしみこませる。
┃  煮汁ごと器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
┏ ≪じゃがいもと明太子のワンタン包み揚げ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・じゃがいも…1個(200g)
┃・明太子…40g
┃・ワンタンの皮…24枚
┃・塩…少々
┃・コショウ…少々
┃・揚げ油…適宜

┃ 【作り方】
┃1)じゃがいもは皮をむき一口大に切る。
┃2)鍋に1と全体がかぶる位の水を入れ、
┃  強火にかける。
┃  沸騰したら弱火にし、
┃  じゃがいもが柔らかくなるまでゆでる。
┃3)竹串が通るようになったら湯を捨て、
┃  再び強火にかけて鍋をゆすりながら
┃  余分な水分をとばして、粉ふきいもにする。
┃  熱いうちに塩、コショウ各少々をふって
┃  形がなくなるまでつぶす。
┃4)3が冷めたら薄皮を取った明太子を加えて
┃  よく混ぜる。
┃5)4をワンタンの皮に包み。
┃  175~180℃の揚げ油で
┃  色よく揚げる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-06-09 10:08

萬寿鏡吟醸じぶんどき


今日は初夏の味わい「鮎」が魚屋さんで目に留まったので迷わずゲット!
お酒は気負い無く楽しめる「萬寿鏡吟醸じぶんどき」を選びました。
「萬寿鏡吟醸じぶんどき」は「プライベートタイム」を楽しむことをコンセプトに造られた吟醸酒です。
ふんわりした吟醸香、含み香も豊かで、口当たりは滑らかで柔らかく、爽やかなキレ味がさざなみのように広がります。
キリッと引き締まった旨味とキレ味で、爽快感が味わえます。

さて「鮎」は丁寧に飾り塩をたっぷり塗って「塩焼き」にしました。
しっとりと上品な旨味、お酒の旨味を引き出し、まろやかに馴染んでくれます。
これはうまい!!
まさに旬の味わいです!!!
「グリーンピースとささみの卵とじ」は、ほんのり甘いグリーンピースにかつおのだしが効いた優しい味わいです。
お汁まで美味しくいただけます。
「カリカリじゃこサラダ」はじゃこが香ばしくカリカリッと、キャベツはさくさくほんのりレモンが香って、キャベツがたっぷり食べられます。
なにより食感が楽しいですよ♪

「萬寿鏡吟醸じぶんどき」は晩酌にあうよう飽きの来ない吟醸酒に仕上げたそうですが、本当に肴を選ばず引き立ててくれる、爽やかな1本でした。
季節感を味わうなら是非是非「鮎」をお試しください!!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪グリーンピースとささみの卵とじ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・卵…4個
┃・鶏ささみ…3本
┃・グリーンピース…2カップ
┃・Aだし汁…2カップ
┃  みりん…2/3カップ
┃  薄口醤油…1/4カップ
┃・塩…少々

┃ 【作り方】
┃1)鶏のささみは薄皮と筋を取り、
┃  1cmほどのさいの目に切る。
┃2)グリーンピースは色よく
┃  塩茹でにする。
┃3)鍋にAを入れて煮立て、
┃  ささみを入れてさっと火を通し、
┃  アクを丁寧に取り、
┃  更にグリーンピースを加え
┃  ひと煮立ちさせる。
┃4)鍋の淵から溶き卵を
┃  細くまわし入れ、
┃  蓋をして火を止め、
┃  余熱で卵が半熟状態になるまで
┃  蒸らす。
┃5)汁ごと器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪カリカリじゃこサラダ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・キャベツ…1/2個
┃・レモンの皮(千切りにして)
┃     …1/4個分
┃・昆布茶…大さじ1強
┃・ちりめんじゃこ…50g
┃・ごま油…大さじ4
┃・好みで一味唐辛子、
┃  または酢醤油…適宜

┃ 【作り方】
┃1)キャベツはしんの固い部分を除き、
┃  一口大のざく切りにする。
┃2)キャベツをポリ袋に入れ、
┃  昆布茶をふり、
┃  レモンの皮も加え、
┃  袋の上から手でもむ。
┃3)全体がしんなりしたら
┃  袋の空気を抜き、
┃  冷蔵庫で冷やし、
┃  できれば一晩おく。
┃4)フライパンにごま油を温め、
┃  じゃこを入れ、カリカリに炒める。
┃  ペーパータオルに取り、
┃  余分な油をきる。
┃5)キャベツの水気を絞って
┃  器に盛り、じゃこをかける。
┃  好みで一味唐辛子や
┃  酢醤油を添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-06-02 10:22 | 萬寿鏡