日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

特別純米酒 越後長岡藩


今日はだいぶ肌寒いのでお燗をつけましょう。
用意したのは「特別純米酒 越後長岡藩」です。
「特別純米酒 越後長岡藩」は原料米には新潟県産五百万石のみを使用し、寒づくりで丁寧に仕込んであります。
落ち着いた純米香、キリッとした口当たりに純米のコク、スッキリしたキレ味の辛口で、後味の余韻も長く爽やかです。
うまい!
お燗いけますね。
酒好きで良かったと思える瞬間です。

今日は「まぐろのユッケ」を作ってみました。
ごま油の風味よろしく、白髪ねぎときゅうりの香りが後から出てきて(^¬^)
ちょっと一手間加えるといつものまぐろが韓国風に変身します。
お酒の旨味が引き立って良くあいます!!
「あさりの酒蒸し」はバターとにんにくが入って厚みのある濃い旨味です。
お酒と良く馴染んでくれてこちらもうまい!!
そして「豆腐のきのこあんかけ」は香りの良いきのこのあんがたっぷりかかった温かいお豆腐です。
ぷるんとしたお豆腐ときのこのシャキシャキがたまりません。
こちらはお酒がキリッとしまっておいし~♪
とにかく今日の肴はどれをとってもお酒にピッタリ(^^)
とってもおいしく楽しめました。
「特別純米酒 越後長岡藩」はスッキリしたキレ味のうまいお酒でした。
これからの季節は「お燗」がおすすめです!!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪まぐろのユッケ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・まぐろ赤身…320g
┃・ごま油…大さじ4
┃・塩…小さじ1
┃・こしょう…少々
┃・白炒りごま…少々
┃・きゅうり…1本
┃・ねぎ(白い部分)…1本分
┃・一味唐辛子…少々

┃ 【作り方】
┃1)まぐろは細切りにする。
┃  きゅうりはせん切りに、
┃  ねぎは白髪ねぎにする。
┃2)ボウルにまぐろを入れて
┃  ごま油をふり、全体をよく混ぜて
┃  塩、こしょうを加えて混ぜる。
┃3)器に盛ってごまを振り、
┃  きゅうり、白髪ねぎを添え、
┃  ねぎに一味唐辛子をふる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪あさりの酒蒸し≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・あさり(殻つき)…800g
┃・にんにくのみじん切り…2片分
┃・バター…大さじ2
┃・酒…大さじ3
┃・醤油…大さじ1
┃・あさつき…少々

┃ 【作り方】
┃1)あさりは塩水につけて砂を吐かせ、
┃  米をとぐように洗い、
┃  水気をよくきる。
┃2)鍋にバターを溶かし、にんにくを炒め、
┃  あさりを加えて鍋をゆすり、
┃  酒、醤油をふり、蓋をして蒸し煮にする。
┃  口が開いたらあさつきの小口切りをふる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪豆腐のきのこあんかけ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・木綿豆腐…2丁(600g)
┃・えのきだけ、ブラウンえのきだけなど
┃  好みのきのこ…合わせて600g
┃・Aだし汁…2カップ
┃  醤油…大さじ6
┃  みりん…大さじ2
┃・片栗粉…大さじ2

┃ 【作り方】
┃1)きのこは根元を切ってほぐす。
┃  鍋にAを入れて中火にかけ、
┃  きのこを入れて7分ほど煮る。
┃  片栗粉は同量の水で溶いておく。
┃2)別の鍋に湯を沸かし、
┃  豆腐を入れて温める。
┃  くずれないように取り出して
┃  湯をきり、1丁を6等分に切る。
┃3)きのこが煮えたら水溶き片栗粉を
┃  入れて大きく混ぜ、
┃  とろみをつけて豆腐にかける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-09-29 11:21

越路吹雪吟醸酒ひやおろし


今日は今年3本目の「ひやおろし」を楽しみます。
「越路吹雪吟醸酒ひやおろし」です。
「越路吹雪吟醸酒ひやおろし」は搾ってからひと夏をこし、熟成させてから瓶詰めした吟醸の「ひやおろし」です。
心地よい吟醸香、含み香にはより軽やかでフルーティーな吟醸香を感じます。
熟成された旨味と、穏やかな酸味、スッキリしたキレ味で、余韻が長く楽しめます。
「越路吹雪吟醸」は軽やかでふんわりしたイメージなのですが、こちらは味がのっていてしっかりと仕上がっています。
「ひやおろし」・・・いいですね♪
さて今日は「とり手羽のグリルしょうが焼き」を作りました。
漬け込んでおいた手羽中を焼くだけなのでとても簡単、魚焼きグリルを使うとこんなにこんがり皮がパリッと出来上がるんですね。
しっとりパリッと焼けた手羽中は指についた汁までもがうまい!!
酒好きの好みの一品です。

「あじとたたききゅうりのキムチあえ」は新鮮なあじときゅうりをキムチとおしょう油で和えただけですが、きゅうりの食感とあじの旨味とキムチのピリ辛が絡んで(^¬^)
お酒の香りはにんにくの香りで飛んでしまいますが、お酒は進みます。
そして「卵黄のみそ漬け」は月見をイメージして笹の葉を添えてみました。
みその香りと塩気にお酒が加わった瞬間に卵の味が広がります。
こちらも酒通に味わっていただきたいおすすめの一品です。
「越路吹雪吟醸酒ひやおろし」は余韻が長く楽しめる熟成された「ひやおろし」でした。
「とり手羽のグリルしょうが焼き」おすすめです!!
お試しあれ!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪とり手羽のグリルしょうが焼き≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・とり手羽中…12本
┃・キャベツのせん切り…4枚分
┃・トマト…1個
┃・A醤油…大さじ1
┃  酒…大さじ1
┃  しょうが汁…小さじ1

┃ 【作り方】
┃1)手羽中の骨に沿って
┃  切り目を入れる。
┃  塩、コショウを振っておく。
┃2)ファスナー付きの保存袋に
┃  Aを入れ1を入れて
┃  空気を抜きながら口を閉じ、
┃  冷蔵庫で2~3時間おく。
┃3)魚焼きグリルを温め、
┃  2の汁をきって皮目を上にして
┃  約6分焼き、上下を返して
┃  さらに2~3分焼く。
┃4)皿にキャベツを盛り、
┃  3を盛り合わせ、トマトを
┃  食べやすく切り、添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪あじとたたききゅうりのキムチあえ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・あじ(3枚におろしたもの)…1尾分
┃・きゅうり…2本
┃・Aキムチの素…大さじ2
┃  醤油…少々

┃ 【作り方】
┃1)あじは腹骨をそぎ取る。
┃  小骨を抜いて頭側から
┃  皮をむき、細切りにする。
┃  きゅうりは5cm長さに切り、
┃  ポリ袋に入れてすりこぎなどで
┃  たたく。
┃2)食べる直前にAで1をあえる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪卵黄のみそ漬け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・卵黄…4個
┃・みそ…大さじ2

┃ 【作り方】
┃1)卵黄が入るほどの小さな器に
┃  卵黄1個につきみそを大さじ1/2を
┃  薄く塗って卵黄を入れる。
┃  広げたみそをすぷーんで
┃  卵黄につくように寄せ、
┃  ラップをかけて冷蔵庫で一晩おく。
┃2)卵黄の周りが半透明になったら、
┃  ゴムベラなどで静かに味噌を取り除く。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-09-22 12:21 | 越路吹雪

越の華純米吟醸ひやおろし


今日はまたまた「ひやおろし」を楽しみます。
入荷したての「越の華純米吟醸ひやおろし」です。
「越の華純米吟醸ひやおろし」は五百万石を用い、自社開発酵母と名水「桂清水」で醸された自信作の「ひやおろし」です。
ふくよかな純米香と吟醸香、含み香もゆったりとした印象で、味がありまろやかに熟成された旨味が広がります。
旨味と酸味のバランスが良く、後味には爽やかなキレがあり、しっとり身体に馴染んでいくような味わいです。
瓶を伝い流れ落ちる水滴を見届けながらじっくり味わっていると、こおろぎの声で我に返り、秋の訪れと自然の恵みをありがたく感じながら、気がつくとまたグラスを口に運んでいるのでした。
うまい!
熟成され調和の取れた味わいで、ついついお酒だけを楽しんでしまいます。
さて「かつおのレアステーキ」はカリカリのにんにくの香りがとても良く、レアに焼きさっぱりとしたかつおの旨味が(^¬^)お酒にサラッと馴染んでくれます。
「じゃことにんじんのみそきんぴら」は味噌に絡んだじゃこの旨味でお酒が進みます。
お酒好きにたまらない一品です。

「いかくん玉ねぎ」は玉ねぎの辛味とイカの燻製の旨味をすっぱいマリネ液に漬け込んでいます。
いかくんからも程よい塩分が出て、燻製の香りが玉ねぎに加わり、お酒がキリッと引き立っていい感じです。
「越の華純米吟醸ひやおろし」は熟成された調和の取れた味わいのうまい「ひやおろし」でした。
「かつおのレアステーキ」おすすめですヨ!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪かつおのレアステーキ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・かつお(上身)…1さく
┃・塩、コショウ…各少々
┃・にんにく…2片
┃・大根…10cm
┃・サラダ油…大さじ2
┃・青じそ(せん切り)…10枚
┃・ポン酢しょう油…大さじ5

┃ 【作り方】
┃1)かつおは大きく2.5cm厚さ
┃  ほどのそぎ切りにし、
┃  塩、コショウを振っておく。
┃  にんにくは皮をむいて薄切りにする。
┃  大根はすりおろして汁気をきっておく。
┃2)フライパンに油、にんにくを
┃  入れて弱火にかけ、
┃  にんにくはこんがり色づくまで
┃  炒めたら取り出す。
┃3)強火にしてかつおを並べ入れ、
┃  両面に焼き色が付く程度に
┃  焼いて器に盛る。
┃  大根おろし、青じそ、にんにくを
┃  のせ、ポン酢しょう油をかける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪じゃことにんじんのみそきんぴら≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・にんじん…1本
┃・ごま油…大さじ1
┃・ちりめんじゃこ…20g
┃・Aみそ…大さじ3
┃  砂糖…小さじ1
┃  酒…大さじ1

┃ 【作り方】
┃1)にんじんは皮をむき、
┃  長さを2~3等分に切って
┃  千切りにする。
┃  Aを混ぜ合わせる。
┃2)フライパンにごま油を熱し、
┃  にんじんを弱めの中火で
┃  じっくり炒める。
┃  しんなりしたらじゃこを加えて
┃  ざっと炒め、Aを加え
┃  味が馴染むように炒め合せる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪いかくん玉ねぎ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・紫玉ねぎ(生食用)…2個
┃・いかの燻製…40g
┃・サラダ油…大さじ6
┃・酢…大さじ6
┃・塩…小さじ1
┃・コショウ…少々

┃ 【作り方】
┃1)紫玉ねぎを薄切りにし、
┃  塩をまぶして軽くもみ、
┃  10分ほどおく。
┃  しんなりしたら汁気を搾り、
┃  さっと水洗いし、水気を切る。
┃2)サラダ油、酢、コショウを混ぜ、
┃  1と2cmに切ったいかの燻製にあえ、
┃  冷蔵庫で1時間以上寝せてから食べる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-09-15 00:14 | 越の華

萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし


今日は子供たちの幼稚園の運動会でした。
炎天下の下頑張った子供たちとだんなさんにご褒美としてお寿司と入荷したての「ひやおろし」で慰労会(?)です。
ということで今日のお酒は「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし」です。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし」は蔵の中でひと夏かけて熟成して生詰された「ひやおろし」です。

厚みのある華やかな吟醸香、味がありすっとしたキレと熟成したまろやかな味わい・・・やっぱ生詰、生のうまさが生かされて、後味は爽やかで長い余韻が楽しめます。
今年の「ひやおろし」もうまく熟成されていますね♪
さて、お待ちかねのお寿司はやっぱ「中トロ」から・・・
トロッとうまい!!

お酒とまろやかに馴染んでくれて、後味に寿司飯の酢の香りがまたいい感じに残り香として楽しめます。
ふんわりした食感と上品な旨味の「鯛」はお酒の香りが引き立ちます。
「ひらつめかにの唐揚げ」は酢橘をきゅっと搾って、パリパリとお酒が進みます。
「ホタテの貝柱の串揚げ」はぷりっぷりであま~い♪
「蒸しなすのごまだれがけ」は優しい味のなすをごまだれの風味が包み、見た目よりもさっぱりいただけます。
お酒とも良く馴染んでくれます。

「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし」はおいしく熟成され生のうまさが生きている「ひやおろし」でした。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2007-09-08 09:25 | 萬寿鏡

和楽互尊本醸造


今日は久々にお燗で本醸造を楽しみます。
ということで私が選んだのは「和楽互尊本醸造」です。
「和楽互尊本醸造」は互いに尊びあえば和やかで楽し、酒造りを通じて広く世の中を平和に導こうという願望が込められているお酒です。
落ち着いた香り、まろやかな口当たりとほっこりした旨味の後に、キリッと爽やかなキレが生まれ、後味は滑らかにスーッと穏やかにのびるような余韻を感じます。
身体に馴染む「お燗」いいですね♪
本醸造の良さでしょうか・・・とにかく「お燗」にはまってしまいます。

「ニシンの塩焼き」はぎっしり卵が詰まっていて(^¬^)
お酒と柔らかく馴染んで、もう止まりません。
肝の近くの卵がほろ苦くて、卵のプチプチまったりした味わいにお酒が絡むと、この上ない喜びを感じてしまいます!
「焼きなすの煮びたし」は香ばしくほんのり甘い大人の一品。
この焼け焦げた香りが良いんですよね。
ナスを特別な一品に変えてくれる魔法です。
お酒をキリッと引き立ててくれて、とても良く合います。

「タコのマリネ」はパプリカの甘味とオリーブの香りが効いています。
タコの食感も良く、お酒とまろやかに馴染んでくれて、オリーブの香りが後から鼻に抜けていい感じ(^^)
なんだかうれしくなってきちゃいます。

「和楽互尊本醸造」は爽やかなキレ味と滑らかな余韻のおいしい本醸造でした。
「お燗」おすすめですよ!!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪焼きなすの煮びたし≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・なす(焼きなす)…2本
┃・だし汁…50cc
┃・本がえし…50cc
┃・しょうが…少々
┃・かつおぶし…少々

┃ 【作り方】
┃1)なすはあらかじめ250℃に熱していた
┃  オーブンで13分焼く。
┃  熱いうちに氷水の中に入れて
┃  皮をむく。
┃2)しょうがはすりおろす。
┃3)なすを食べやすい大きさに切って
┃  器に盛る本がえしをかつおだし汁で
┃  割ったつゆをかけ、
┃  かつおぶしとしょうがを
┃  天盛りする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2007-09-01 10:26 | 新潟の地酒