日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

越の初梅新潟純米うまし酒


お燗にピッタリの純米酒が入荷しました。
今日はその「越の初梅新潟純米うまし酒」をお燗して楽しみましょう。
「越の初梅新潟純米うまし酒」は麹増量で醸す豊かな味わいが特徴のお酒です。
ふわっとした純米香、口当たりはキリッとしまっているのですが、旨味ののった味わいで、かなりキレがあります。
体の芯まであったまってくるような感じです。

さて今日は「たらのちり蒸し」を作りました。
たらの上品な旨味にもみじおろしの爽やかな辛味が加わり(^¬^)
お豆腐にも昆布のだしが素材の味わいを引き出しています。
お皿ごと蒸し上げることで旨味が凝縮され、シンプルでお手軽なのにご馳走の雰囲気が味わえる一品に仕上がっています。
「ブロッコリーの中華漬け」はごま油の風味に豆板醤がピリッときいて、ブロッコリーの柔らかい甘味にマッチしています。
お酒とサラッと馴染んでくれていい感じです。
そして「里芋の煮っ転がし」はぽっくりねっとり素朴な味わい。
飽きが来なくていいですね。

「越の初梅新潟純米うまし酒」は旨味ののった味わいの純米酒でした。
キレを楽しむなら熱燗で!
ご馳走様でした。


 
┏ ≪たらのちり蒸し≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・生だらの切り身…4切れ
┃・A酒…大さじ1
┃  塩…少々
┃・昆布…(8x5cm)4枚
┃・絹ごし豆腐…1丁
┃・本しめじ…1袋
┃・にんじん…8cm
┃・大根…15cm
┃・赤唐辛子…4本
┃・酒…大さじ4
┃・ポン酢しょう油…適宜

┃ 【作り方】
┃1)たらは1切れを二つに切り、
┃  Aで下味をつける。
┃  昆布はひたひたの水につけ、
┃  柔らかくなるまでおく。
┃2)豆腐は8等分に、しめじは根元を落とし
┃  3~4本ずつほぐす。
┃  にんじんは細切りにする。
┃3)大根に種を取った赤唐辛子を差し込み、
┃  おろし金で摩り下ろし、軽く水気をきる。
┃4)器4つに昆布を敷き、豆腐、しめじ、
┃  にんじん、たらをのせ、
┃  酒を大さじ1ずつふり、
┃  沸騰した蒸し器に入れて
┃  10分ほど蒸す。
┃5)3のもみじおろしをのせて
┃  ポン酢しょう油をかける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪ブロッコリーの中華漬け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ブロッコリー…大1
┃・A豆板醤…大さじ1
┃  めんつゆ(ストレート)…大さじ4

┃ 【作り方】
┃1)ブロッコリーは小房に分け、
┃  塩少々(分量外)を入れた
┃  熱湯に入れて少し固めにゆで、
┃  ざるに上げて水切りする。
┃2)ボウルにAの漬け汁を合わせ、
┃  1を入れ、混ぜ合わせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-01-26 07:10 | 越の初梅

越の初梅蔵人の盗み酒無ろ過吟醸生原酒


今日は無濾過の生原酒を味わいます!
それは「越の初梅蔵人の盗み酒無ろ過吟醸生原酒」です!
「越の初梅蔵人の盗み酒無ろ過吟醸生原酒」は新米を使った手造り仕込みの吟醸酒で、本来は蔵人でしか味わうことの出来ない、しぼりたての生の原酒をそのまま無濾過で生詰めしてあります。
グラスに注いだ瞬間から厚みのある吟醸香が漂い、フルーティーな上立ち香、含み香もしっとりとしていて、口当たりはまろやかなのにフレッシュな味わい♪
お酒の味わいを恥らうことなくさらけ出した無濾過の味わいにしばしうっとり・・・
蔵人が目を盗んでも口に入れたいと言う気持ちが良く分ります!
この旨さを知ってしまったら・・・(^¬^)もう無濾過原酒の虜になってしまいます!!
あまりの旨さにひと口、そしてまたひと口とお酒が進んでしまいました(^^)

今日は「銀だらの西京漬け」を用意しました。
脂が乗っていてふっくらしたこの身に旨味がじゅわ~、後味に麹味噌の香りが楽しめます。
しっとりとした旨酒と双方が引き立てあい、うまい!!
拍手喝采の味わいです。
「ひじきの煮つけ」は味がよ~く染みていて、ほのぼのした味わい。
これがまたお酒を誘います。
そして「白菜と塩昆布のレンジ漬物」は上品な旨味が広がるお手軽レシピがうれしい一品♪
こちらも文句なしでお酒と合います!
041.gif
「越の初梅蔵人の盗み酒無ろ過吟醸生原酒」はまろやかなのにフレッシュ、目を盗んででも口に入れたい魅惑の味わいでした。
一度飲んだら虜になりますよ。
ご馳走様でした。


 
┏ ≪ひじきの煮つけ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ひじき(乾燥)…25g
┃・うす揚げ…1枚
┃・ちくわ…2本
┃・にんじん…(小)1/2本
┃・サラダ油…大さじ1
┃・だし…2カップ
┃・砂糖…大さじ2・1/2
┃・醤油…大さじ2
┃・みりん…大さじ1

┃ 【作り方】
┃1)ひじきはもどして水洗いし、
┃  水気を切る。
┃  うす揚げは油抜きをして、
┃  細く切る。
┃  ちくわは熱湯をかけ、小口切りにする。
┃  にんじんは細切りにする。
┃2)鍋に油を熱し、1のひじきとにんじんを
┃  強火で手早く炒め、
┃  うす揚げ、ちくわ、だしを入れて煮る。
┃3)15分程煮て、砂糖、醤油、みりんの
┃  順に入れ、落し蓋をして柔らかくなるまで
┃  煮含める。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
┏ ≪白菜と塩昆布のレンジ漬物≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・白菜…400g(4枚くらい)
┃・にんじん…(小)1本(100g)
┃・しょうが…少々
┃・塩昆布(乾燥)…大さじ2
┃・A塩…少々
┃  醤油…小さじ2

┃ 【作り方】
┃1)白菜は細切りに、にんじん、
┃  しょうがは千切りにし、
┃  耐熱容器に入れ、ふわっとラップをかけ、
┃  電子レンジ(500W)で
┃  5分ほど加熱する。
┃2)1を塩昆布とあえ、Aで味を調える。
┃  ※水気が出たら水分を切ってから
┃   塩昆布をあわせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-01-19 07:03 | 越の初梅

越の華手造吟醸にごり酒生活性清酒


今日は私の一番のお気に入りの「にごり」を楽しみます。
それは「越の華手造吟醸にごり酒生活性清酒」です!
「越の華手造吟醸にごり酒生活性清酒」は酵素が生きたままの滓(おり)と炭酸ガスが含んでいる「本生」で、吟醸酒に大吟醸のもろみを20%プラスした旬の味わいです。
開栓すると瓶の底から細かい泡がつふつふと上がってきます。
泡が落ち着いてからゆっくりと滓を混ぜ、グラスに注ぎます。
甘い蜜のような吟醸香と蔵の中を想わせる香り、口に含むとピリッと炭酸を感じ、後から旨味が追いかけてきます。

後味はとっても爽やかな爽快感があり、従来のにごりのまったりしたイメージを払拭してくれます。
うまい!!
これぞ「活性清酒」!!
このシュワッと爽やかな旨味はクセになります♪
今日は「白菜と肉だんごの煮込み」を作りました。
大きな肉だんごからジュワ~っと染み出る旨味が爽やかなお酒に良く合います(^¬^)
1時間じっくり煮込んであるので、白菜は甘くとろけるよう。
スープにも良いだしが充分出ています。

「ニシンの昆布巻き」は麹の香りが甦ります。
そして「甘酢大根のイクラのせ」は大根のシャキシャキにイクラの旨味が絡んでおいし~♪
003.gif「越の華手造吟醸にごり酒生活性清酒」はシュワッと爽やかな旨味がたまらない爽快感を楽しめるにごり酒でした。
越の華のにごりを「活性生」で楽しめるこの幸せ・・・(#^¬^#)ご馳走様でした。



 
┏ ≪白菜と肉だんごの煮込み≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・白菜…(小)1/2個
┃・肉だんご
┃  豚挽き肉…450g
┃  ねぎ…1/2本
┃  かに(缶詰)…(小)1缶(90g)
┃  しょうが汁…大さじ1
┃  塩…小さじ1弱
┃  片栗粉…大さじ1
┃・チキンスープ…カップ6
┃・サラダ油…大さじ1
┃・揚げ油…適量
┃・醤油…大さじ2
┃・砂糖…小さじ2
┃・酒…大さじ1

┃ 【作り方】
┃1)肉だんごのねぎはみじん切りにする。
┃  かには軟骨を取り、身をほぐす。
┃  かにの缶汁はとっておく。
┃2)白菜は5cm長さに切り、
┃  サラダ油を熱した中華鍋で炒める。
┃3)豚挽き肉をボウルに入れ、
┃  1のかにを缶汁ごと加え、
┃  ねぎ、しょうが汁、塩、片栗粉を
┃  加えて良く混ぜ合わせる。
┃  これを8等分して大き目のだんごに
┃  丸める。
┃4)中華鍋に揚げ油を180℃に熱し、
┃  3の肉だんごを揚げる。
┃5)土鍋に2の白菜を入れ、
┃  4の肉だんごをのせる。
┃  チキンスープを加え、醤油、
┃  砂糖、酒も加えて強火にかける。
┃  煮立ったら火を弱め、
┃  1時間ほど煮込む。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
┏ ≪甘酢大根のイクラのせ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・大根…10cm
┃・酢…大さじ3
┃・砂糖…小さじ1
┃・塩…小さじ1/2
┃・イクラ…大さじ4

┃ 【作り方】
┃1)大根は薄い半月切りにし、
┃  塩をまぶし、軽くもむ。
┃  しばらくおきしんなりしたら
┃  水気をしぼり、酢、砂糖を加え、
┃  馴染ませ、冷蔵庫で1時間以上おく。
┃2)器に1を盛り、イクラをのせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-01-12 13:08 | 越の華

越の華純米大吟醸桂清水


今日は私の大好きな「越の華純米大吟醸桂清水」を楽しみます。
「越の華純米大吟醸桂清水」」はこのお酒の出会いがきっかけで越の華の大ファンになったというお気に入りのお酒です。
ゆったりした吟醸香、含み香はより豊かで、滑らかで深い味わい、長い余韻の中に爽やかなキレがあります。
やっぱウマイ!!

無濾過のよさが良く出ていて、お酒そのもののうまみを楽しませてもらっていると言う感じです。
さて、今日は新潟加島屋の「鮭の粕漬け」です。
脂がのっていて身はしっとり、後味に酒粕の香りが楽しめます。
お酒が馴染み、脂をすっきり流してくれます。
「はりはり漬け」は数の子のプチプチ、干し大根のパリパリした食感、そしてするめいかの旨味が調和した新潟のおせちの一品です。
こちらはお酒とまろやかに馴染んでくれます。

「ぜんまいの一本煮」は春採ったぜんまいをもみながら乾燥させたものを戻して煮ています。
お酒がきりっとしまって(^¬^)
こちらはお酒の旨味が引き立ちます。
016.gif「越の華純米大吟醸桂清水」は深い味わいの純米大吟醸でした。

無濾過の旨味がハーモニーとなって「うまい」一本ですよ!
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2008-01-05 07:25 | 越の華

朝日山飛天楽大吟醸


新年明けましておめでとうございます♪
今年の皮切りは「朝日山飛天楽大吟醸」です。
「朝日山飛天楽大吟醸」は天空を舞う天女の奏でる楽、すなわち雄大で軽快、かつ凛としたイメージで醸された大吟醸です。
フルーティーな吟醸香と重厚感、口当たりはまろやかで透明感がありますが、舌の上に広がる旨味は深みを増していき、滑らかにゆったりした余韻を楽しませてくれます。
まさに新年の幕開けにふさわしい風格を感じさせる大吟醸です。
さて、新潟のおせちはまず「お雑煮」。
新潟の「黄金餅」というもち米で作られたお餅を焼き、そこに鮭、イクラ、平茸、ねぎ、ごぼう、大根、油揚げ、三つ葉など具沢山のお汁がかかります。
これがうまい!!

これ一品で立派なご馳走です♪
お酒ともしっとり馴染んでくれます。
そして「のっぺい汁」。
里芋、ほたて、ぎんなん、きのこ、イクラ、かまぼこ、こんにゃく、ユリ根などが入っていて、こちらも新潟のお正月には欠かせない一品です。
冷たくしてつるつるすするのが絶品です!!
こちらはお酒の旨味が引き立ちます。
そして「おせち料理」は「留蔵」さんのおせちです。
一つ一つが全て手作りで、手の込んだ逸品揃い!

伊勢海老の焼き物はエビの濃厚な旨味が口いっぱいに広がり(*^¬^*)もうたまりません!!
くわいの煮物は「芽が出る」からめでたいとされているそう。
上質のおだしが染みてほのかにほろ苦く、独特の食感が味わえます。
そしてあわびはしっかりした食感ですが決して硬くなく、これまたうまい!!
とにかくどれをとっても美味しくって箸が止まりません。
038.gif「朝日山飛天楽大吟醸」は滑らかでゆったりした余韻の大吟醸でした。

食を引き立ててくれて美味しい一品でした。
本年もよろしくお願いいたします。
ご馳走様でした。

[PR]
by yamazakisaketen | 2008-01-01 07:17 | 朝日山