日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

福顔辛口福顔ワンカップ

今日は手軽にワンカップを楽しみましょう。
私が一目置いているワンカップ「福顔辛口福顔ワンカップ」です。
「福顔辛口福顔ワンカップ」は地元五百万石にこだわったワンランク上のワンカップです。
ふわっとした吟醸香、口当たりはまろやかでしっとりしていて、しなやかな旨味が広がります。
後味にキリッとしたキレ味も爽やかです。
普通酒と呼ぶにはもったいないくらいの上質な味わいのワンカップです。
さて今日は「タコのお刺身」を用意しました。
きゅうりと山芋を一緒に和えています。
それぞれの食感が楽しめ、彩りもよい一品です。
どれをとってもお酒とピッタリです。
「にしんの昆布巻き」は能町の道の駅で両親が買ったものです。
昆布がきっちり巻いてあり、真ん中ににしんがしっかり入っています。
昆布が柔らかすぎず、昆布の旨味を良く生かしてあって、お酒とも良く馴染んでくれます。
「粉ふきいものごままぶし」はごまの香りが良い素朴な味わいです。
ポックリした食感にごまが香って(^¬^)
お酒の旨味が引き立ちます。
「福顔辛口福顔ワンカップ」はしなやかな旨味で、普通酒と呼ぶにはもったいないくらいのおいしいワンカップでした。
お料理を良く引き立ててくれますね。
ご馳走様でした。



┏ ≪たこのお刺身1品盛り≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・たこ…200g
┃・山芋…200g
┃・きゅうり…2本
┃・にんじん…少々
┃・塩…少々
┃・酢…少々

┃ 【作り方】
┃1)きゅうりは塩で板ずりし、
┃  乱切りにする。
┃  山芋は皮をむき、乱切りにし、
┃  酢水につけぬめりを取って、
┃  水気をきる。
┃  たこはぶつ切りにする。
┃2)1を合わせて器に盛り、
┃  細切りにしたにんじんを
┃  彩りにのせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏ ≪粉ふきいものごままぶし≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・じゃがいも(小)…6個
┃・だし汁…1・1/3カップ
┃・みりん…大さじ2
┃・醤油…大さじ2
┃・白切りごま…大さじ2

┃ 【作り方】
┃1)じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、
┃  たっぷりの水にさらしてざるに上げる。
┃2)じゃがいもを鍋に入れ、
┃  だし汁に加えて中火にかける。
┃  煮立ったらみりんを入れてふたをし、
┃  10分ほど煮る。
┃  醤油を加え、さらに5~6分煮る。
┃3)じゃがいもが柔らかくなったら
┃  火を強め、鍋をゆすりながら
┃  汁気をとばし、粉ふきにする。
┃  切りごまを加えて混ぜ、器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-08-30 10:48 | 福顔

さむらい梅酒南高梅

今日は梅酒をです。
玉川酒造から発売された「さむらい梅酒南高梅」です。
「さむらい梅酒南高梅」は南高梅を高アルコール越後さむらいで漬け込んだ梅酒です。
フルーティーな梅の香りがとても豊で、程よい酸味と甘味、梅の旨味もしっかりと感じ、喉の奥からポカポカしてくるような・・・。
フルーティーで梅の旨味が存分に感じることができ、甘味もべったりしていなくって、ついついグラスを口に運んでしまいます。
「鶏肉と椎茸の梅酒煮」はもちろん「さむらい梅酒南高梅」で煮込みました。
しっとりキメ細かい身に、肉汁がじゅわーっと広がります。
すっごく柔らかく煮えていて、うまい(^¬^)
梅酒ともよ~く馴染んでくれます♪
椎茸にも旨味がたっぷりしみこんでいておいし~。
この梅酒の程よい酸味がいいんですヨネ~!!
夏の疲れが癒されます。
「ゴーヤの中華和え」はゴーヤの苦味にごま油とごまの旨味が絡んでおいし~♪
シンプルレシピなのですが、下処理をしっかりすることで、それぞれの旨味がきちんと引き立っています。
バクバク行ける一品です。
「枝豆」はやっぱおいしいですねー。
梅酒とあわせると豆の香りが引き立っていいですね~。
「さむらい梅酒南高梅」は梅の旨味をたっぷり楽しめるおいしい梅酒でした。
夏の疲れを梅酒で癒してみませんか。
ご馳走様でした。



┏ ≪鶏肉としいたけの梅酒煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・鶏もも肉…1枚(400g)
┃・塩…少々
┃・コショウ…少々
┃・しいたけ…8枚
┃・梅酒…1/2カップ
┃・醤油…大さじ3

┃ 【作り方】
┃1)鶏肉は金串などで皮目に穴を開け、
┃  軽く塩、コショウをし、
┃  くるくる巻いてたこ糸でしばる。
┃2)しいたけは石づきを取る。
┃3)鍋に梅酒を入れて煮立て、
┃  1を入れて表面が白くなったら、
┃  鶏肉がかぶる位の水を加え、
┃  串が通るくらいまで煮る。
┃4)鶏肉が煮上がったら、
┃  2のしいたけを加え、
┃  醤油をふり入れ味を付ける。
┃5)4の鶏肉を汁につけたまま置き、
┃  冷めたらタコ糸をはずし、
┃  薄切りにして器に盛り、
┃  しいたけを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏ ≪ゴーヤの中華和え≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ゴーヤ…2本
┃・人参…1/2本
┃・油揚げ…1枚
┃・薄口醤油…大さじ2
┃・ごま油…大さじ1
┃・ごま…大さじ1
┃・塩…小さじ1

┃ 【作り方】
┃1)ゴーヤは縦半分に切り、
┃  スプーンで種とワタを取り除く。
┃  薄くスライスして塩をまぶし、
┃  しばらくおいてさっと水洗いする。
┃  それを色よくゆで、水にさらす。
┃2)人参は細切りにし、下ゆでする。
┃  油揚げは油抜きをし、細切りにする。
┃3)ボウルに1と2を入れ、
┃  薄口醤油大さじ1をふりかけ、
┃  さっと和え、しばらくおく。
┃4)器にごま油、ごま、薄口醤油大さじ1を
┃  入れ、手で混ぜ合わせる。
┃5)軽く水気を切った3を
┃  4で和える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-08-23 15:50 | 新潟の地酒

萬寿鏡純米吟醸吟撰

今日は酒米を「五百万石」から「越淡麗」にリニューアルしたお酒を楽しみましょう。
萬寿鏡の定番酒「萬寿鏡純米吟醸吟撰」です。
「萬寿鏡純米吟醸吟撰」は麹米、掛米ともに50%に磨いた「越淡麗」で丁寧に仕込んだお酒です。
洋梨のようなフルーティーな吟醸香、口当たりはまろやかで、スッキリしているのに奥行きのある味わいです。
後味は爽やかなキレがあります。
飲めば飲むほどに味わいが増すようなウマイ純米吟醸です。
さて今日は「新潟加島屋の鮭の粕漬け」です。
しっとりした身に酒粕がかおり、噛めば噛むほど旨味が出てきます。
お酒とまろやかに馴染んでくれてうまい!!
「御中元」というシステムに感謝感激(^¬^)v
お酒と良く馴染んでくれます。
「夏野菜の揚げびたし」はなすがとろっと、旨味がじゅわ~♪
お酒とサラッと良くあいます。
みょうが、かぼちゃ、車麩とどれを取っても美味しいんです!!
「なす漬」はまさに新潟の夏の味わい、お酒の旨味が引き立ちます。
「萬寿鏡純米吟醸吟撰」はお酒だけでもうまく、料理とも良くあううまい純米吟醸でした。
「夏野菜の揚げびたし」すっごくあいますよ♪
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2008-08-16 15:44 | 萬寿鏡

越の初梅越淡麗吟醸

今日はピカピカの秋刀魚をゲット!
「越の初梅越淡麗吟醸」と楽しみましょう。
「越の初梅越淡麗吟醸」は「山田錦」に代わる吟醸用酒米として長い歳月をかけて改良した悲願の新潟県産高級酒用酒造好適米「越淡麗」で仕込んだ吟醸酒です。
ふんわりした吟醸香で、含み香は穏やかです。
キリッとした旨味で、後味にキレがあります。
さて、ピカピカの秋刀魚は「お刺身」頂きます。
脂がのっていてうまい(^¬^)
お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「こんにゃくとするめの煮付け」はするめの旨味がよ~くしみています。
酒好きにはたまらない味わいですね!
お酒と良く馴染んでくれます。
「ワラビのたまり漬け」はさっぱりしていて後味がピリッとしておいし~♪
お酒と良く馴染んでくれます。
「越の初梅越淡麗吟醸」はキリッとした旨味の吟醸酒でした。
肴を選ばず美味しくいただけますよ。
ご馳走様でした。



┏ ≪こんにゃくとするめの煮付け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・こんにゃく…300g
┃・するめいかの胴(干物)…1/2ぱい分
┃・Aだし汁…1カップ
┃  醤油…大さじ6
┃  みりん…大さじ4
┃・練り辛子…適宜

┃ 【作り方】
┃1)こんにゃくは食べやすい大きさに切る。
┃  鍋に湯を沸かし、こんにゃくを入れて
┃  3~4分ゆで、ざるに上げて水気をきる。
┃  するめはキッチンバサミで幅5mm、
┃  長さ5cmに切る。
┃2)鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったらこんにゃくと
┃  するめを加える。
┃  弱めの中火にかけ、ときどき上下を返しながら
┃  15分ほど煮る。
┃  練りがらしをつけて食べる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-08-09 16:28 | 越の初梅

白龍夏のにごり酒吟醸

毎日暑いですね。
今日は「白龍夏のにごり酒吟醸」で栄養補給です。
「白龍夏のにごり酒吟醸」は夏向きに吟醸造りで爽やかに仕上げたにごり酒です。
香りは控えめ、口当たりまろやかでほんのり甘く、ミントのような香りと爽やかさを感じます。
後味もキリッとしていて爽快感を感じる夏にピッタリのにごり酒です。
さて、今日は「うなぎの蒲焼」です。
脂がのっていてしっかりした旨味で(^¬^)
お酒とよ~く馴染んでくれて◎
「オクラと納豆の春巻き」はパリッとした春巻きに納豆の旨味がトロッと絡みます。
後味に青じそが爽やかに香ってうまい♪
お酒とも良くあいます!
「ししとうの油炒め」はかつおぶしと青じそが入っています。
お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「白龍夏のにごり酒吟醸」は爽快感のある夏にピッタリのにごり酒でした。
夏バテぎみと思ったら「夏のにごり」ですヨ!!
ご馳走様でした。



┏ ≪オクラと納豆の春巻き≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・オクラ…12本
┃・ひき割り納豆(たれ付き)…2パック
┃・春巻きの皮…6枚
┃・青じそ…6枚
┃・海苔(3cmX8cm)…12枚
┃・A水…大さじ1
┃  小麦粉…小さじ2
┃・醤油…少々
┃・揚げ油…適量

┃ 【作り方】
┃1)オクラはヘタの周りを削り取り、
┃  塩をまぶして板ずりし、産毛を取り除く。
┃  沸騰した湯でゆで、みじん切りにする。
┃2)納豆は付属のたれ、醤油少々を加え、
┃  1と混ぜ合わせる。
┃3)春巻きの皮は半分に切る。
┃  そのうち6枚には縦半分に切った青じそをのせ、
┃  その上に2をのせる。
┃  左右の端にAをつけて留める。
┃4)残りの春巻きの皮6枚には海苔をのせ、
┃  3と同じように巻き、
┃  外側にも海苔を巻く。
┃5)揚げ油を160℃に熱し、
┃  3、4をきつね色になるまでじっくり揚げる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-08-02 16:21