日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし

今日は焼肉を「ひやおろし」で楽しみます。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし」です。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし」は出荷時に火入れ殺菌を行わない「生詰め酒」です。
華やかな吟醸香、口当たりにシュワットした炭酸とまろやかな旨味、そして「春の陽に」で味わったしっとりしたコクのある味わいがよみがえってきます。
後味もしっとりゆったりしていてうまい!!
さすが生詰めの「ひやおろし」です。
さて、今日の「焼肉」には「村上牛の極上カルビ」と「黒豚六白のばら肉」を用意しました。
「村上牛」は柔らかくっておいし~♪
後味の脂が甘いんです。
お酒もすっきりと馴染んでくれます。
そして「六白のばら肉」、この肉を食べると普通の豚肉が食べられなくなります。
「焼肉でばら肉ってしつこくない?」って思うかもしれないけど、このばら肉は違います!
とにかく癖がなく、きめ細かくしっとりした身は優しい甘味が口の中にどんどん膨らむんです。
お酒もよ~く馴染んでくれておいし~!!
秋茄子、かぼちゃ、人参、ピーマン、たまねぎ、キャベツと野菜もたっぷり用意しましたよ。
はふはふ食べる新鮮野菜は本当においしいですよね。
「大根とじゃこのサラダ」は大根のさっぱりした味わいとパリッと焼いた油揚げとじゃこにわさびのきいたドレッシングがおいしい一品です。
こちらはお酒の香りが引き立ち、ふくらみも出てきます。
これは生詰めの良さが存分に楽しめますね。
そして「ぜんまいの一本煮」。
今日はシンプルにぜんまいのみを煮ています。
シンプルだからこそぜんまいの味わいが楽しめるんですね。
お酒の旨味が引き立ちます。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき『秋の宵』ひやおろし」はシュワッとしたフレッシュ感を残したしっとりしたうまい「ひやおろし」でした。
本当においしいですよ!!
是非お楽しみください!!
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2008-09-27 13:09 | 萬寿鏡

越後お福正宗冷や卸し特別純米原酒低温瓶熟成

今日は今年3本目の「ひやおろし」を楽しみます。
「越後お福正宗冷や卸し特別純米原酒低温瓶熟成」です。
「越後お福正宗冷や卸し特別純米原酒低温瓶熟成」は旨味を損なわぬよう丁寧な瓶火入れをしたひやおろしです。
華やかな吟醸香、含み香も豊で、キメ細かい旨味とほのかな酸味を覆うようにキレが出てきます。
キリリとパンチのあるキレがさざなみのように広がり、余韻も長く楽しめます。
さて、今日は「秋刀魚の塩焼き」に大根おろしとスダチをきゅっと搾っていただきます。
さすが旬の味わい、ふっくらした身は脂がのっていて、ほんのり甘味を感じます。
うーん(^¬^)メチャウマです!
お酒とあわせるとお酒がまろやかになっておいし~!!
ワタの部分の苦味も酒好きにはたまりませんよね!
「栃尾のジャンボ油揚げのはさみ焼き」はねぎを挟んでこんがり焼いてあります。
油揚げが香ばしくって、こちらもお酒が進みます。
こちらもお酒とまろやかに馴染んでくれてマジうまです(^^)
そして「さつまいもの檸檬煮」はレモンが香る優しい味わいです。
意外とお酒ともマッチするんですよ♪
「越後お福正宗冷や卸し特別純米原酒低温瓶熟成」はキリリとパンチのきいた美味しい「ひやおろし」でした。
旬の秋刀魚と良く合いますよ!!
ご馳走様でした。



┏ ≪さつまいもの檸檬煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・さつまいも…300g
┃・レモン…2個
┃・塩…少々
┃・薄口醤油…小さじ1
┃・あればクチナシの実…1個
┃・砂糖…200g
┃・水…700ml

┃ 【作り方】
┃1)さつまいもは1cmの厚さの
┃  輪切りにして水にさらす。
┃  あればクチナシの実を
┃  ペンチなどでつぶして
┃  ガーゼなどに包む。
┃2)1を鍋に入れて水をたっぷり注ぎ、
┃  弱火にかけてさつまいもに火を通し、
┃  水に3分ほどさらす。
┃  レモンは皮をよく洗い、
┃  薄い輪切りにする。
┃3)別の鍋にA、2のさつまいも、
┃  レモンを入れて5分程煮、
┃  塩、薄口醤油で味を整える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-09-20 14:53 | お福正宗

越乃雪椿純米吟醸原酒一番あがり

本日も入荷したての「ひやおろし」を楽しみます。
私の大好きな蔵元雪椿の「越乃雪椿純米吟醸原酒一番あがり」です。
「越乃雪椿純米吟醸原酒一番あがり」は雪椿酒造で一番人気の純米吟醸を希少性の高い原酒のまま蔵で静かに寝かせたこだわりの逸品です。
華やかな吟醸香の奥にひっそりたたずむ純米香、口当たりはまろやかで透明感があり、徐々に旨味が膨らんできます。
後味はすっきりした辛口で、長い余韻が爽やかに楽しめます。
旨味は控えめではありますが、バランスが取れていて、原酒の力強さというより、しなやかさがあってまとまりのある味わいに仕上がっています。
さて、秋にうまくなるものと言えば「ひやおろし」と「鰹」ですよね~♪
今日は「戻り鰹のステーキ風」を作りました。
しっとりした身にソースがからんでうまい(*^¬^*)
お酒がまろやかに馴染んでくれます。
レアなしっとり感が残るくらいがたまりませんネ~。
「きのこの温びたし」は焼いたまいたけが香ばしくって、かつおだしがよーくしみていておいし~♪
水菜のシャッキリした歯触りもまたうれしいですね。
こちらもお酒とよくなじんでくれます。
「関東風いなり」はお酒を飲むときにうれしい小ぶりのおいなりさんです。
ゴマの風味がアクセントになっていて、おいし~!!
お酒がさっぱりすっきりします。
「越乃雪椿純米吟醸原酒一番あがり」は食をよく引き立ててくれる極上の「ひやおろし」でした。
「戻り鰹のステーキ風」試してみてくださいね。
ご馳走様でした。



┏ ≪戻り鰹のステーキ風≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・鰹(腹側)…320g
┃・みょうが…6個
┃・しょうが…2片
┃・わけぎ…2本
┃・青じそ…4枚
┃・バター…20g
┃・酒…大さじ4
┃・しょうゆ…大さじ4
┃・レモン…1/2個

┃ 【作り方】
┃1)みょうが、わけぎは小口切り、
┃  しょうが、青じそはせん切りにする。
┃2)フライパンにバターを入れ、
┃  中火で鰹を皮目から入れる。
┃  箸で動かしながら焼き、
┃  きつね色になったら身の表面も
┃  きつね色に焼きつける。
┃3)酒を加え、アルコールがとんだら、
┃  しょうゆ、みょうが、わけぎ、
┃  しょうがも加え、野菜がしんなりする
┃  直前に鰹を取り出して
┃  1.5cm厚さに切り、器に盛る。
┃4)3のフライパンの野菜とたれを
┃  鰹にかけ、青じそをのせ、
┃  くし形に切ったレモンを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏ ≪きのこの温びたし≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・舞たけ…2パック
┃・水菜…2株
┃・油揚げ…2枚
┃・だし汁…2カップ
┃・淡口しょうゆ…大さじ2
┃・みりん…大さじ2
┃・糸がき(かつおぶし)…適量

┃ 【作り方】
┃1)舞たけは小房に分けて
┃  グリルで色よくあぶる。
┃  水菜は4cm長さに切る。
┃  油揚げは油抜きをして細切りにする。
┃2)だし汁、しょうゆ、みりんを火にかけ、
┃  沸騰したら舞たけ、油揚げを加え、
┃  ひと煮立ちしたら水菜も加えて火を止める。
┃3)器に盛り、糸がき適量を天盛にする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪関東風いなり≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・米…3カップ
┃・油揚げ…6枚
┃・白炒りごま…大さじ2
┃・合わせ酢
┃  酢…大さじ3
┃  砂糖…大さじ3
┃  塩…小さじ2
┃・A水…200ml
┃  砂糖…大さじ6
┃  しょうゆ…大さじ4
┃・甘酢しょうが…適量

┃ 【作り方】
┃1)米は普通の水加減から酢の分量を
┃  差し引いて炊く。
┃  油揚げはペーパータオルで
┃  油を拭き取り、十文字に切って
┃  1枚を4等分にする。
┃2)
┃  醤油を加え、さ鍋にA、油揚げを入れて
┃  弱火にかけ、落とし蓋をして12~13分、
┃  途中で裏返しながら煮る。
┃  汁気が少量になったら火を止め、
┃  煮汁ごと冷ます。
┃3)ボウルに炊きあがったご飯を入れ、
┃  合わせ酢を回しかける。
┃  しゃもじで切るようにして混ぜ、
┃  うちわであおいで手早く冷まし、
┃  ごまを混ぜる。
┃  24等分にして丸め、
┃  汁分を絞った2に詰めて
┃  楊枝で止める。
┃  器に盛り、しょうがの甘酢漬けを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2008-09-13 14:48 | 越乃雪椿

萬寿鏡ひやおろし原酒生詰

今年一番最初に入荷した「ひやおろし」を楽しみます。
入荷したて、秋の味わい「萬寿鏡ひやおろし原酒生詰」です。
「萬寿鏡ひやおろし原酒生詰」ははほの暗い酒蔵の奥で夏を越し、秋の涼風とともに世に出るお酒、特別本醸造原酒の「ひやおろし」です。
しっとりしたフルーツ系の吟醸香が豊で、キリッとした味わいと舌触り、後味もキリリと冴えています。
かなりキリッとしていて、パンチのある爽快感が味わえます。
今日は「お好み焼き」を作りました。
じゅーじゅー焼きながら熱々を食べれば、それだけでご馳走です。
お酒にまろやかさがプラスされて、すっきり馴染んでくれておいし~♪
豚ばら肉からい~旨味が出るんですよね~(^¬^)
「なすの揚げびたし」はなすにかつおだしがきいたかえしがよーくしみていて美味しい!
白髪ねぎの風味もアクセントになっていい感じです。
お酒と良く馴染んでくれますね。
「かぼちゃの煮物」がぽっくり煮えました。
切る時に大変なかぼちゃほど美味しいってホントですね。
ポックリ栗のようです。
素朴な味わいが飽きませんよね。
「萬寿鏡ひやおろし原酒生詰」はキリリと冴えるうまさの「ひやおろし」でした。
「お好み焼き」意外とイケマスヨ。
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2008-09-06 10:54 | 萬寿鏡