日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

萬寿鏡純米吟醸吟撰

今日は地元の純米吟醸を楽しみます。
それは「萬寿鏡純米吟醸吟撰」です。
「萬寿鏡純米吟醸吟撰」は麹米、掛米ともに50%に磨いた「越淡麗」で丁寧に仕込んだお酒です。
ふんわりした吟醸香の中に落ち着いたお米の香りを感じます。
口当たり滑らかでほのかに甘く、後味に優しいキレと滑らかな余韻を楽しめます。
今日はお刺身です。
「マグロの赤身」、「南蛮えび」、「アジ」の3種の中では「アジ」が脂がのっていてお酒と調和してくれました。
「マグロの赤身」と「南蛮えび」はどちらかと言うとお酒の甘さを更に引き出すような気がして・・・
なのでお刺身なら「アジ」など脂がのっている方がおすすめのようですね。
そして「えび天」はプリッと旨味もたっぷり♪
お酒とよく馴染んでくれます。
「ふきのとうの天ぷら」は鼻から抜けるこの香りがたまらないんですよね。
もちろんお酒にもよく合いますよ!
「ふきのとう味噌」は香りと苦味を存分に楽しめる春の一品。
こちらはお酒がきりっと引き立ちます。
「萬寿鏡純米吟醸吟撰」はほのかに甘い優しい味わいの純米吟醸でした。
「天ぷら」おすすめですよ。
ご馳走様でした。

┏ ≪ふきのとう味噌≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ふきのとう…30個位
┃・味噌…大さじ3
┃・みりん…大さじ3
┃・サラダ油…大さじ1

┃ 【作り方】
┃1)ふきのとうをざく切りにする。
┃2)フライパンを熱し、サラダ油を入れ、
┃  ふきのとうを炒める。
┃3)少ししんなりしたらみりんと
┃  味噌を加え、中火で水分がなくなるまで
┃  炒める。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[PR]
by yamazakisaketen | 2009-03-28 11:24 | 萬寿鏡

白龍大吟醸あらばしり季節限定品

先日の「酒の陣」でうまさに脱帽したお酒を楽しみます。
それは「白龍大吟醸あらばしり季節限定品」
「白龍大吟醸あらばしり季節限定品」は地元新潟県産の五百万石で醸した大吟醸酒の新酒です。
ふわっと華やかな吟醸香、含み香も豊かで蔵の中に迷い込んだよう。
生酒特有のフレッシュな味わいの中に深い味わいときりっとした辛味、パンチの効いたしっかりしたキレが余韻に残ります。
これぞあらばしり!!
フレッシュでマジウマイです!!
こんなお酒に出会えるなんて本当にしあわせ♪
さて、今日は「ぷりぷりえびマヨ」を作りました。
香ばしく揚がったえびはぷりっぷりで、優しい旨味にマヨネーズソースがよく絡んでいます。
お酒とよ~くあいます!!
シャッキリしたレタスもえびの旨味を引き立ててくれますね。
「豚キムチ春巻き」は後味がピリッとしています。
お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「きゅうりとかぶの浅漬け」はコリコリ歯ざわりがよく、お酒の香りが引き立ちます。
「白龍大吟醸あらばしり季節限定品」はフレッシュでまじうまい大吟醸のあらばしりでした。
「ぷりぷりえびマヨ」めっちゃあいますよ!!
お試しあれ!!
ご馳走様でした。



┏ ≪ぷりぷりえびマヨ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・えび(無頭、ブラックタイガーなど)
┃     …400g
┃・A酒…大さじ1/2
┃  しょうが汁…大さじ1/2
┃・卵白…1個分
┃・片栗粉…大さじ4
┃・Bマヨネーズ…大さじ6
┃  コンデンスミルク…大さじ1・1/2
┃  レモン汁…大さじ1/2
┃  塩・こしょう…各少々
┃・揚げ油…適量
┃・レタス…1/2個

┃ 【作り方】
┃1)えびは殻をむき、背に切り目を入れて
┃  背ワタを除く。
┃  むいたえびにAをまぶして
┃  5分ほどおく。
┃2)ボウルに卵白を溶きほぐし、
┃  片栗粉を入れて良く混ぜ合わせる。
┃  1のえびを加えて全体をざっくり混ぜる。
┃3)揚げ油を高温(180℃)に熱し、
┃  2のえびを入れて1~2分ほど、
┃  表面がカリッとするまで揚げる。
┃4)Bを合わせ、3のえびを加えて
┃  よくあえる。
┃  器に太めのせん切りにした
┃  レタスを敷き、えびをのせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-03-21 13:54

越乃雪椿春あがりひと寝かせ『無濾過原酒おりがらみ』

今日は昨年も大好評であっという間に売切れてしまったお酒を楽しみます。
「越乃雪椿春あがりひと寝かせ『無濾過原酒おりがらみ』」です。
「越乃雪椿春あがりひと寝かせ『無濾過原酒おりがらみ』」は五百万石で仕込まれたお酒を1ヶ月半ひと寝かせしてある吟醸の生原酒です。
ふんわり立ち込める醪の香りで気分はまさに蔵の中!
まろやかで透明感のある口当たりと共に口の中に華やかな吟醸香が広がります。
うまい!!
一口、また一口とお酒が進み、度数が高い原酒なのに全くそれを感じさせない「やばい酒」です。
さて、今日は「お刺身」です。
「鯛」はしっとりした身に上品な旨味、お酒とすーっと馴染んでくれておいし~♪
「マグロ」はさっぱりしていて、お酒の香りが引き立ちますが、今回はやっぱり「鯛」に軍配!
「イカとキャベツのアサリ蒸し」はアサリとイカのだしが良くって、それがキャベツにしみこんで美味しい!!
スープまで美味しいんです!
こちらもお酒の香りが引き立ちます。
「豆腐の土佐揚げ」は香ばしく表面がカリッと揚がって、もみじおろしがピリッときいておいし~♪
こちらもお酒と良く馴染んでくれます。
「越乃雪椿春あがりひと寝かせ『無濾過原酒おりがらみ』」はまろやかで透明感のある味わいのやばいお酒でした。
「鯛のお刺身」が超おすすめですよ!!
ご馳走様でした。



┏ ≪イカとキャベツのアサリ蒸し≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・小イカ…300g
┃・アサリ…300g
┃・キャベツ…500g
┃・水…1・1/2カップ
┃・にんにく…1/2片
┃・塩…適量
┃・コショウ…適量
┃・ヴァージンオイル…適量

┃ 【作り方】
┃1)キャベツは3cm角に切り、
┃  芯の部分は薄切りにする。
┃2)小イカは軟骨と目、クチバシを取り除き、
┃  アサリは砂出しする。
┃3)フライパンにヴァージンオイル大さじ2と
┃  叩きつぶしたニンニクを入れて熱し、
┃  香りが出たらキャベツを入れ、
┃  塩、コショウをして炒め、
┃  アサリと分量の水を加えて蓋をする。
┃4)アサリの殻が開いたら、
┃  イカを加えて火を通し、
┃  仕上げにヴァージンオイルを加えて混ぜ込み、
┃  塩、コショウで味を調え、器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪豆腐の土佐揚げ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・絹ごし豆腐…1丁
┃・卵白…1個分
┃・削り節…適量
┃・Aだし…180ml
┃  みりん…大さじ2
┃  しょうゆ…大さじ1
┃  薄口しょうゆ…大さじ1
┃・細ねぎ…適宜
┃・もみじおろし…適量
┃・小麦粉…適量
┃・揚げ油…適量

┃ 【作り方】
┃1)豆腐は4つから6つに切る。
┃  紙タオルを敷いたまな板などに
┃  豆腐をのせ、豆腐の上面にも紙タオルをのせる。
┃  約10分間傾けておき、水気をよくきる。
┃2)卵白はガーゼなどを使ってボウルの中に
┃  裏ごしする。細ねぎは小口切りにする。
┃3)1の豆腐に小麦粉をまんべんなくまぶし、
┃  2の卵白にくぐらせ、削り節を全体にまぶす。
┃4)Aを鍋に合わせ、ひと煮立ちさせる。
┃5)揚げ油を160℃に熱し、3の豆腐を
┃  3~4個ずつ入れ、火力を強めて
┃  約170℃にする。豆腐の表面がきつね色に
┃  なったらはしで返し、順に4面を揚げる。
┃  紙タオルなどにとって油をきる。
┃  残りの豆腐も同じように揚げる。
┃6)器に5の豆腐を1つずつ入れ、4をはる。
┃  豆腐の上に細ねぎを等分に盛り、
┃  もみじおろしを天盛りにする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-03-14 13:52 | 越乃雪椿

胎内高原ワインTaimu赤フルボディー

今日は久しぶりにワインにしてみました。
入荷したての「胎内高原ワインTaimu赤フルボディー」です。
「胎内高原ワインTaimu赤フルボディー」は胎内市が町おこしとしてぶどう作りから販売まで手がけたワインです。
厚みのあるスパイシーな香り、しっかりしたタンニンとすっきりとした酸味があります。
国産の赤ワインって「軽くて甘い」イメージが沸きがちですが、これはしっかりしたフルボディーです。
今日は「焼肉」です。
みんなで熱々の鉄板を囲めばそれだけでご馳走です。
菜工房さんの豚肉は豚特有の臭みが無くおいし~♪
お肉の脂をワインが洗い流してくれてよく合います。
人参もじっくり焼くと甘くて美味しいですね。
鼻から抜ける香りがたまりません。
こちらはワインの味がきりっと締まります。
「ブロッコリーの中華漬け」はごま油がほんのり香るピリ辛の一品。
こちらは・・・ワインとは全く合いませんでしたm(_ _)m
やっぱお肉がいいですねσ(^◇^;)
「胎内高原ワインTaimu赤フルボディー」はしっかりした渋みの本格ワインでした。
ご馳走様でした。



┏ ≪ブロッコリーの中華漬け≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・ブロッコリー…1個
┃・A豆板醤…大さじ1
┃  ごま油…大さじ1
┃  めんつゆ…大さじ4

┃ 【作り方】
┃1)ブロッコリーは小房に分け、
┃  塩少々(分量外)を入れた
┃  熱湯に入れて少し硬めにゆで、
┃  ざるにあげて水切りする。
┃2)ボウルにAの漬け汁の材料を合わせ、
┃  ゆでたてのブロッコリーを入れて
┃  混ぜ合わせる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-03-07 14:52 | 新潟の地酒