日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

越乃雪椿純米吟醸雪椿花酵母仕込

今日は雪椿酒造さんの自信作の限定酒を飲みます。
二宮杜氏入魂の一本「越乃雪椿純米吟醸雪椿花酵母仕込」です。
「越乃雪椿純米吟醸雪椿花酵母仕込」は雪椿の花から採取した酵母で仕込んだ純米吟醸です。
ふんわり豊かな吟醸香の奥に雪椿酵母由来と思われる独特の香りが潜みます。
含み香も豊かで心地よく、口当たりはまろやかで、旨味と酸味、辛味全てのバランスが絶妙で、後味に爽やかなキレがスーッと広がっていきます。
うまい!!
「越淡麗」でここまで深い味わいが出てるってすごい!!
二宮杜氏の情熱に拍手です。
今日は「鯖の味噌漬け」です。
ふんわりした身に脂がのっていて、味噌のコクのあるうまみがおいし~♪
お酒がまろやかに馴染んでくれます。
「簡単ふろふき大根」はしっかり味がしみていて、貝割れ大根の香りと辛味がいい感じです。
こちらもお酒とよく馴染んでくれます。
「根三つ葉のとろろあえ」はとろっとシャキシャキッとした食感に三つ葉が豊かに香ります。
こちらはお酒の旨味が引き立ちます。
「越乃雪椿純米吟醸雪椿花酵母仕込」はまろやかで深い味わいで、とにかく美味しい純米吟醸酒でした。
「越淡麗」の良さが光っている1本ですよ!
ご馳走様でした。



┏ ≪簡単ふろふき大根≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・大根…16cm(正味500g)
┃・鶏ひき肉…150g
┃・貝割れ菜…1パック
┃・サラダ油…小さじ2
┃・酒…大さじ4
┃・みりん…大さじ2
┃・しょうゆ…大さじ4

┃ 【作り方】
┃1)大根は皮をむいて幅2cmの
┃  半月切りにする。
┃  貝割れ菜は、根元を切り落とす。
┃2)鍋にサラダ油を中火で熱し、
┃  ひき肉をほぐすように炒める。
┃  色が変わったら酒を入れ、
┃  水2カップと大根を加える。
┃  煮立ったらアクを取り、弱めの中火にして、
┃  蓋をして20~30分、大根が柔らかく
┃  なるまで煮る。
┃3)みりん、しょうゆを加えて
┃  さらに10分煮て、貝割れ菜を
┃  加えてさっと煮る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪根三つ葉のとろろあえ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・根三つ葉…300g
┃・山いも…10cm(200g)
┃・薄口しょうゆ…小さじ2
┃・塩…適宜

┃ 【作り方】
┃1)根三つ葉は塩少々を入れた湯で
┃  色よくゆで、冷水にとる。
┃  冷まして水気を絞り、長さ3cmに
┃  切る。
┃2)山いもは皮をむき、目の細かい
┃  おろし金ですりおろす。
┃  しょうゆ、塩少々を加えてよく混ぜ、
┃  根三つ葉を加えてあえる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-04-25 10:56 | 越乃雪椿

越の華純米酒に心あり生

今日はあんまり流通しない純米酒を楽しみます。
入荷したての「越の華純米酒に心あり生」です。
「越の華純米酒に心あり生」は1度も火入れをしていない「本生」の「純米酒」です。
ふんわりした純米香の中に吟醸香が漂います。
優しい酸味と旨味がすーっと口の中に広がり、後味はすっきりしていて、後からキレが追いかけてきます。
おいし~♪
今日は「お刺身」です。
「ヤリイカ」は身がしまっていてあま~い。
お酒と優しく馴染んでくれます。
「トロ」はとろっと口に入れるととろけてくれます。
こちらはお酒がきりっと締まります。
どちらもお酒とよく合いますね。
「納豆とえのきのかき揚げ」は香ばしくふんわり、えのきはシャキッと、納豆の旨味が・・・うまい!!
こちらもお酒とよーく馴染んでくれます。
「新たまねぎのツナおかかサラダ」は焼いた甘いたまねぎと、スライスした生たまねぎの食感が良く、のりの香りと鰹節の旨味が絶妙に絡み合っています。
これもまたお酒といい感じです(*^¬^*)
「越の華純米酒に心あり生」は優しい酸味と旨味で飲みやすい純米酒でした。
ご馳走様でした。



┏ ≪納豆とえのきのかき揚げ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・納豆…2パック
┃・えのきだけ…1袋
┃・溶き卵…1/2個分
┃・小麦粉…1/2カップ
┃・揚げ油…適量

┃ 【作り方】
┃1)納豆は付属のたれを加え、
┃  混ぜ合わせる。
┃  えのきは根元を切り落とし、
┃  長さを3等分に切る。
┃2)卵に水を加えて1/2カップ弱にし、
┃  小麦粉を加えてさっくり混ぜる。
┃3)2に1を加えて混ぜ、
┃  スプーンですくい、180℃の揚げ油で
┃  揚げる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪新たまねぎのツナおかかサラダ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・新たまねぎ…4個(800g)
┃・ツナ缶…1缶(120g)
┃・かつお節…8g(1カップ)
┃・酢、しょうゆ…各大さじ1
┃・刻みのり…適宜

┃ 【作り方】
┃1)たまねぎ2個は輪切りで薄くスライスし、
┃  5分ほど水にさらして水気をきる。
┃2)もう2個のたまねぎは1cm幅の
┃  輪切りにし、フライパンまたは網で焼き、
┃  焼き色をつける。
┃3)ボウルに1、水気をきったツナ缶、かつお節、
┃  酢、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
┃4)器に、2の上に3を盛りつけ、
┃  適量の刻みのりをトッピングする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-04-18 14:13 | 越の華

菊水菊水の辛口本醸造

大きな大きな肉厚の椎茸を頂きました。
早速その椎茸と「菊水菊水の辛口本醸造」を楽しみます。
「菊水菊水の辛口本醸造」は燗でも冷でも美味しく飲める本醸造です。
ふんわり心地良い香り、すっきりした旨味と爽やかなキレのある辛口です。
椎茸は網焼きにしてめんつゆを垂らしただけの「焼き椎茸」です。
口中に豊かな香りと旨味が広がり、絶品!!
お酒にまろやかさが加わります。
「鶏のつくね」にはゆずこしょうを添えています。
優しい旨味にゆずこしょうの爽やかな香りと辛味が加わり、味を引き締めてくれます。
お酒ともよく馴染んでくれます。
そして「南蛮えびの唐揚げ」は香ばしくほのかな甘味があとを引きます。
こちらもお酒をまろやかにしてくれます。
「菊水菊水の辛口本醸造」は料理を引き立ててくれるきりっとしまった辛口の本醸造でした。
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2009-04-11 09:11 | 新潟の地酒

越の初梅新潟純米

今日は純米酒を楽しみます。
リーズナブルな価格の「越の初梅新潟純米」です。
「越の初梅新潟純米」は麹増量でしこまれ、厳冬期に低温でゆっくりと発酵させた純米酒です。
ふんわりした純米香が漂い、口当たりはまろやかで、ほのかな酸味と旨味が絡み合い、さざなみのようにキレ味が広がります。
うまい!!
今日は「煮豚と煮卵」を作りました。
トロット軟らかく煮えた豚肉、そして味が染み込んだ卵や筍たち。
おいし~♪
甘味控えめな味わいがお酒にはぴったりで、めちゃくちゃよく合います!!
「焼きエリンギのゆずこしょうあえ」はコリコリしたエリンギにゆずこしょうが効いたたれがよーく染み込んでいます。
お酒がきりっと締まります。
「山うどの味噌炒め」は鼻から抜けるうどの香りと、春の苦味が心地よい一品。
こちらはお酒の香りが引き立ちます。
「越の初梅新潟純米」は「新潟純米」のラベル通り、純米らしい純米酒でした。
ご馳走様でした。



┏ ≪煮豚と煮卵≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・卵…6個
┃・豚肩ロース肉(かたまり)…400g
┃・人参(大)…1/2本
┃・ゆでたけのこ…1個
┃・さやいんげん…80g
┃・サラダ油…少々
┃・水…適宜
┃・しょうゆ…1/2カップ
┃・酒…1/4カップ
┃・砂糖…大さじ1
┃・長ねぎ青い部分…適宜
┃・しょうが(つぶしたもの)…1片分
┃・和がらし…適宜

┃ 【作り方】
┃1)卵はゆでておく。
┃  豚肉は3~4cm角に切る。
┃2)人参は皮をむき、2~3cm幅の
┃  いちょう切り、または半月切りにする。
┃  たけのこは人参と同じくらいの大きさに切る。
┃  さやいんげんは筋を取り、
┃  斜めに長さを半分に切り、
┃  ゆでてから冷水に取り、水気をきる。
┃3)フライパンにサラダ油を熱し、
┃  豚肉を入れて表面を色よく焼く。
┃  余分な脂をペーパータオルで拭き取り、
┃  肉が隠れるくらいの水を加えて
┃  強火にする。
┃4)煮立ったらアクを取り、しょうゆ、
┃  酒、砂糖、長ねぎ、しょうがを加えて
┃  火を弱め、落し蓋をして30分ぐらい煮る。
┃5)蓋を取り、ゆで卵、2の野菜を順に入れ、
┃  10分位は煮る。
┃6)火を止め、味を含ませる。
┃7)卵は半分に切り、豚肉や野菜と
┃  器に盛り合わせる。、
┃  好みで和がらしを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪焼きエリンギのゆずこしょうあえ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・エリンギ…6本(300g)
┃・A酢、しょうゆ…各大さじ1強
┃  ゆずこしょう…大さじ1弱

┃ 【作り方】
┃1)ボウルにAを合わせておく。
┃2)エリンギは1cm角の棒状に裂き、
┃  フライパンに入れて弱火で
┃  しんなりするまで焼く。
┃3)熱いうちにAのボウルに入れて
┃  絡める。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-04-04 16:02 | 越の初梅