日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お福正宗奥越後純米吟醸山古志

今日は「お福正宗奥越後純米吟醸山古志」を楽しみます。
「お福正宗奥越後純米吟醸山古志」は中越地震の被害から復活した「山古志」の棚田で作ったお米で仕込んだ純米吟醸です。
落ち着いた純米香、ほのかな酸味と力強い旨味、後味にはキレが広がります。
さて今日は「天ぷら」を用意しました。
「えびの天ぷら」はぷりっと優しい甘味が口いっぱいに広がります。
お酒がさらっと馴染んでくれて、相性バッチリです!
「舞茸の天ぷら」は香りがどんどん増幅していって、うまみもたっぷり♪
「天ぷら」はどれをとってもよく合いますね。
「冷奴のみょうがポン酢ジュレ添え」は見た目がちょっとオシャレな冷奴。
つるんとしたお豆腐にシャキッとしたみょうががたっぷり入ったジュレをたっぷり絡めて・・・さっぱりしっとりうまい!!
お酒が進みます。
そして「ゴーヤのおひたし」は超シンプルな一品。
ゴーヤのこの苦味があとを引いてお酒ともよく合います。
「お福正宗奥越後純米吟醸山古志」はほのかな酸味と力強い味わいの純米吟醸酒でした。
「天ぷら」是非おすすめですヨ!!
ご馳走様でした。



┏ ≪冷奴のみょうがポン酢ジュレ添え≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・みょうが…8個
┃・ポン酢…200ml
┃・絹ごし豆腐…1丁(200g)
┃・青じそ…8枚
┃・A粉ゼラチン…6g
┃  水…大さじ2
┃・おろししょうが…適量
┃・白炒りごま…適量

┃ 【作り方】
┃1)みょうが千切りにして水にさらし、
┃  水気をクッキングペーパーで押さえ、
┃  ポン酢と合わせる。
┃2)水で湿らせたゼラチンAを
┃  湯煎で溶かし、1と混ぜ合わせ、
┃  器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。
┃3)豆腐は食べやすい大きさに切って、
┃  器に盛りつける。
┃  おろししょうが、白炒りごま各適量を
┃  トッピングする。
┃4)2をスプーンで崩し、3の周りに
┃  盛り付けて青じそを飾る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-08-29 11:50 | お福正宗

萬寿鏡三年寝太郎

今日は久しぶりに古酒を楽しみます。
「萬寿鏡三年寝太郎」です。
「萬寿鏡三年寝太郎」は特別純米酒を素焼きの大甕で3年間熟成させた特別純米酒の古酒です。
しっとり落ち着きのあるキャラメルのような熟成香、含み香はより豊かで、まろやかな旨味と心地よい酸味、そして後味はキリリとしまっています。
じっくり三年間寝た甲斐がありました。
さて「イワシのぬた」は脂を酢がしっかり〆てくれて、そこに酢味噌が絡んでうまい!!
お酒のキレがかなりまろやかになって優しく馴染んでくれます。
これはよく合いますね!!
「焼きなす」はとろっととろけるよう♪
しょうが醤油でシンプルだけど、これがいけるんです!
お酒ともよく馴染んでくれます。
「しし唐の味噌炒め」は素朴な味わいですが、たまに辛いものも・・・
まるでロシアンルーレットです(^_^;
こちらもお酒とよく合います。
「萬寿鏡三年寝太郎」は魅惑の秘寝香と後味がキリリとしまっている美味しい古酒でした。
「イワシのぬた」是非おすすめです!!
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2009-08-22 11:48 | 萬寿鏡

加茂錦上撰本醸造生貯蔵酒

お客様から釣った鯛、アジ、メバルをいただきました。
腕によりを掛けてお料理します!!
今日は「加茂錦上撰本醸造生貯蔵酒」をチョイスしました。
「加茂錦上撰本醸造生貯蔵酒」は地元では定番の本醸造生貯蔵酒です。
華やかでフルーティーな吟醸香は豊かで、滑らかで柔らかく優しい旨味がスーッと広がります。
「鯛のお刺身」は上品な旨味がたっぷりでうまい!!
お酒の旨味が引き立ちます。
「アジのお刺身」はプリップリしていて、めちゃうまです!!
お酒とよ~く馴染んでくれます。
「メバルの煮つけ」は滑らかでしっとりした身で、鯛とカレイを足して2で割ったような味わいです♪
お酒がきりっと締まります。
一緒に煮たわかめもお酒とぴったりです。
「ピーマンのきんぴら」は緑黄色野菜がたっぷり取れるうれしい一品。
お酒ともよく合いますネ。
「加茂錦上撰本醸造生貯蔵酒」は滑らかで優しい旨味のおいしい生貯蔵酒でした。
なんにでもよく合いますよ。
ご馳走様でした。



┏ ≪メバルの煮付け≫

┃ 【材料】 (2人分)
┃・メバル…2尾
┃・水…2/3カップ
┃・A酒…大さじ3
┃  みりん…大さじ2
┃  砂糖…大さじ1
┃  しょうゆ…大さじ4
┃  しょうがのせん切り…1/2片分
┃・わかめ(もどして)…80g

┃ 【作り方】
┃1)メバルはうろこをこそげ取り、
┃  えらもとる。盛り付けたときに裏に
┃  なる腹に切り目を入れて内臓を取り出し、
┃  水気を拭いて両面に浅い切り目を入れる。
┃2)フライパンに水を入れて煮立て、
┃  Aを入れる。
┃3)再び煮立ってきたらメバルを入れ、
┃  煮汁をスプーンでかけながら煮る。
┃  表面の色が変わったら蓋をして、
┃  弱火にして更に15分ほど煮る。
┃4)わかめは水で洗い、たっぷりの水に
┃  5分ほどつけてもどし、
┃  水気をしぼって食べやすい長さに切る。
┃5)フライパンのあいているところに
┃  わかめを入れてさっと煮て器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-08-15 11:07 | 加茂錦

朝日山生酒特別本醸造

やっと新潟も梅雨が明けました。
夏はやっぱ「生酒」、今日は「朝日山生酒特別本醸造」を楽しみます。
「朝日山生酒特別本醸造」は搾ってからの火入(加熱処理)を行わない、本生酒です。
甘くフルーティーな香りが漂い、滑らかで透明感のある旨味が広がります。
後味もしっとり滑らかで、ゆったりしています。
香りの割りに味がきれいですね。
今日は「アジのお刺身」です。
ピッカピッカのアジは旨味たっぷり、おいし~~~!!
わさびでもしょうがでも美味しくいただけます。
お酒とさらっと馴染んでくれます。
「イカの塩辛」はばーばーのお手製。
ほんのりレモンが香ってうまい!
お酒がキリッとしまります。
「もやしの炒め煮」はシャッキリもやしにしっかり味が入っています。
これはお酒が進みます!!
「朝日山生酒特別本醸造」は透明感のある旨味の美味しい生酒でした。
なんにでも合い、気軽に楽しめますよ。
ご馳走様でした。




┏ ≪もやしの炒め煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・もやし…2袋(400g)
┃・サラダ油…大さじ1
┃・Aだし汁…大さじ4
┃  しょうゆ…大さじ3
┃  砂糖…小さじ2

┃ 【作り方】
┃1)もやしは根を取り、洗って水気を
┃  きる。
┃2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、
┃  もやしを炒める。
┃3)しんなりしたらAを入れて煮立て、
┃  1~2分煮る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-08-08 15:07 | 朝日山

越の誉本醸造原酒ひやロック原酒

まだ梅雨明けの声は聞こえませんが、暑い新潟です。
今日はそんな暑い日にぴったりの「越の誉本醸造原酒ひやロック原酒」楽しみます。
「越の誉本醸造原酒ひやロック原酒」はしぼったまま一滴の水も加えていない旨味と独特の風味の特別本醸造原酒です。
落ち着いた香りで、意外と口当たりはまろやかです。
ふくらみのある旨味が広がり、後味はキリリとしまっています。
余韻もかなりゆったりしていて・・・うまい!!
膨らんでしまっているうまい酒です!
「いわしのぬた」はとろっとした脂がよ~く酢でしまっています。
お酒がまろ~やかになって絶妙です!!
なんだかこのお酒のために生まれたかのようによく合います!!
「夕顔のあんかけ」はかつおだしが効いたとっても優しい味わい。
お酒の旨味が引き立ちます。
そして「脱皮カニ唐揚げ」は殻ごとパリパリッと香ばしく、こちらもお酒がまろやかになります。
「越の誉本醸造原酒ひやロック原酒」は膨らみのある旨味とキリリとしまった後味の旨い特別本醸造原酒でした。
「いわしのぬた」絶対絶対おすすめです!!
ご馳走様でした。



┏ ≪夕顔のあんかけ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・夕顔…300g
┃・えび…6尾
┃・だし汁…3カップ
┃・塩…小さじ1/2
┃・薄口醤油…小さじ1
┃・みりん…大さじ1/2
┃・酒…少々
┃・A片栗粉…大さじ1/2
┃  水…大さじ3

┃ 【作り方】
┃1)夕顔は薄く皮をむき、
┃  種をキレイにとって水洗いし、
┃  2センチ幅のいちょう切りにする。
┃2)だし汁に1を入れ火にかけ、
┃  煮立ったら弱火にして20分位
┃  ゆっくりと煮る。
┃3)えびは背わたを取り、
┃  酒少々をふりかけておく。
┃4)柔らかく煮えた夕顔に、
┃  塩、薄口醤油、みりんを加えて、
┃  3のえびを2cm位に切って加え、
┃  最後にAの水溶き片栗粉を回し入れ
┃  とろみをつける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2009-08-01 15:04 | 新潟の地酒