日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

越の吟雪華吟醸生低温貯蔵熟成酒

今日は入荷したての当店のオリジナル酒を楽しみます。
「越の吟雪華吟醸生低温貯蔵熟成酒」です。
「越の吟雪華吟醸生低温貯蔵熟成酒」は酒米「こしいぶき」を100%使用した吟醸生酒を二年間蔵の中でじっくり低温熟成させた生酒です。
フルーティーで華やかな吟醸香、まろやかな口当たりで、優しい旨味とほのかな酸味、そして含み香がどんどん広がりつつ、爽やかなキレ味が出てきます。
「豊香爽味」、正にその通り!!
香りは豊ですが鼻につきすぎることなく、味にボリュームがあり通好みの味わいになっているのではないでしょうか!
今日は「ホッケの焼き物」です。
厚みのある身は旨味たっぷり♪
お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「じゃがいもと桜海老のガレット」はカリッと香ばしく、バターと桜海老が豊かに香ります。
こちらもお酒とよ~く合っていいですネ!!
程よい塩味がまたお酒を誘います。
小岩井のバターを使うと香りが良くって、もうバクバクいけちゃいます。
「かき菜のお浸し」は甘~くておいし~♪
菜の花より癖がなく、甘いんですよ。
お酒の旨味が引き立ちますね。
「越の吟雪華吟醸生低温貯蔵熟成酒」は香りが高めですが、意外と食を引き立ててくれる「豊香爽味」の吟醸生酒熟成酒でした。
「じゃがいもと桜海老のガレット」おすすめですよ。
ご馳走様でした。



┏ ≪じゃがいもと桜海老のガレット≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・じゃがいも…2個
┃・桜海老…大さじ2
┃・バター…30g
┃・青のり…少々
┃・塩…少々

┃ 【作り方】
┃1)じゃがいもは皮付きのまま良く洗い、
┃  極細の千切りにして5分間水にさらし、
┃  水気を切る。
┃2)桜海老はフライパンでから炒りし、
┃  香ばしくする。
┃3)1に2とフライパンで溶かしたバターを
┃  加え混ぜ合わせる。
┃4)フライパンに3を食べやすい大きさに
┃  丸く薄く広げ、弱火で両面をじっくり焼く。
┃5)カリッとなったら器に移し、
┃  青のりと塩を振り掛ける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-03-27 15:27 | 越の華

萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒『春の陽に』

今日は春の限定のお酒を楽しみます。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒『春の陽に』」です。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒『春の陽に』」は香りをひかえめにし、晩酌時のつまみとの相性を重視して造った純米吟醸の生原酒です。
ふんわりとフルーティーで軽やかな吟醸香、シュワッとした口当たりで、フレッシュ感たっぷり♪
旨味があって、後味に爽やかなキレが広がります。
今年の「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒『春の陽に』」はとってもうまい!!
さて、今日は角石さんの大きな大きな「アジの塩焼き」です。
ふっくらした身はボリュームあり!
お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「シラスゆっけ」はカルシウムたっぷりごま油が香る一品。
お酒が進みますね。
「数の子のわさび漬け」はコリコリッつーんとたまりません(*^¬^*)
お酒の旨味が引き立ちます。
「萬寿鏡純米吟醸じぶんどき生原酒『春の陽に』」はシュワッとフレッシュな美味しい生原酒でした。
ぽかぽかした陽気に誘われ、出掛けたくなるようなワクワクする味わいの生原酒でした。
ご馳走様でした。



┏ ≪シラスゆっけ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・釜揚げシラス…160g
┃・卵黄…2個
┃・万能ねぎ…適量
┃・白ごま…少々
┃・Aしょうゆ…大さじ2
┃  みりん…大さじ2
┃  ごま油…大さじ2

┃ 【作り方】
┃1)器に釜揚げシラス、万能ねぎ、ごまをのせ、
┃  中央に卵黄をのせる。
┃2)あらかじめAを合わせたたれを
┃  1にかける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-03-20 14:25 | 萬寿鏡

越の誉和醸蔵寒仕込搾り純米大吟醸無濾過生原酒

今日はまたしぼりたてを楽しみます。
「越の誉和醸蔵寒仕込搾り純米大吟醸無濾過生原酒」をです。
「越の誉和醸蔵寒仕込搾り純米大吟醸無濾過生原酒」は和醸蔵で寒造りした純米大吟醸を搾ったままの無濾過生原酒です。
洋梨のような華やかな香り、フレッシュでほのかな甘味がさざなみのように広がり、スッキリしたキレが楽しめます。
甘味と酸味のバランスが良く、余韻もゆったり長く・・・うまい!!
純米大吟醸の生原酒でこの価格は脱帽!
更に美味いとくれば言うことなしです!!
さて、今日は「酢豚」を作りました。
もっちりしたお肉とシャッキリした野菜が旨味たっぷりのお酒にさらっと馴染んでくれます。
肉厚の椎茸がまたプルプルでうまっ!!
旨味がどんどん膨れ上がっていきます。
「酢豚」+生原酒はいいですね~♪
「油揚げのはさみ焼き」は平山豆腐屋さんの厚揚げで作りました。
おしょうゆをかけて更に焼いてあるので、香ばしくって美味!
お酒の麹の香りが引き立ち、お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「焼きねぎのだしじょうゆ煮」は焼いたあま~いねぎにだしが染みこんだ、後味にピリッと来る一品です。
お酒がキリッとしまりますね。
「越の誉和醸蔵寒仕込搾り純米大吟醸無濾過生原酒」は口当たりほんのり甘くフレッシュな美味しい生原酒でした。
純米大吟醸1,575円はかなりの勉強価格です!!
ご馳走様でした。



┏ ≪焼きねぎのだしじょうゆ煮≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・長ねぎ…4本
┃・Aだし汁…1カップ
┃  酒…大さじ2
┃  薄口しょうゆ…大さじ2
┃  みりん…大さじ2
┃  赤唐辛子…1本

┃ 【作り方】
┃1)ねぎは3~4cmに切り、
┃  熱した焼き網にのせて両面に
┃  焼き目をつける。
┃  赤唐辛子はへたと種を取って、
┃  斜め半分に切る。
┃2)鍋にAを入れて中火にし、
┃  煮立ったらねぎを加えて
┃  弱火にし、蓋をして3分ほど煮る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-03-13 14:20 | 新潟の地酒

越の華純米吟醸しぼりたて本生酒に心あり

近所の魚屋さんの角石さんから美味しそうな「サバ」が入ったと電話。
と言うことで、今日は「サバ」を肴に「越の華純米吟醸しぼりたて本生酒に心あり」を楽しみましょう。
「越の華純米吟醸しぼりたて本生酒に心あり」山田錦で醸造した純米吟醸酒を生々の状態で瓶詰めした限定酒です。
蜜のような甘くフルーティーな香り、口当たりは透明感のあるまろやかさで、スーッと馴染むような深い味わい、そして爽やかなキレが味わえます。
余韻にもゆったりと香りを感じることが出来、蔵の中の雰囲気を漂わせます。
マジウマイです!!
箸を持つのを忘れてしまうくらい、ついついグラスが手から離れません(*^¬^*)
さてさて「サバの塩焼き」はふっくら実が厚く、ジューシーでおいし~♪
お酒とまろやかに馴染んでくれます!
やっぱ角石さんの魚はうまい!!
そして「一夜干しするめ」は天日塩を使った佐渡の特産品です。
マヨネーズと一味唐辛子とお醤油をつけていただきます。
プリプリッと旨味があって美味しい!
大きくって身が厚い佐渡のイカはゲソもプリプリで香ばしい!
お酒ともよく合いますね!!
群馬のお父さんが送ってくれたふきのとうで作った「ふきみそ」はお酒がキリッとしまって、ほんのり苦味がいいんですよね~。
後味は春の香りです。
「越の華純米吟醸しぼりたて本生酒に心あり」は香り高くスーッと馴染むような深い味わいの、うまい「しぼりたて」でした。
「マジウマイですヨ!!
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2010-03-06 14:26 | 越の華