日本酒ブログ◆新潟地酒専門店 山崎酒店.COM【地酒日誌ブログ】

ブログトップ

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

萬寿鏡三年寝太郎

「ネマガリダケ」と見事な「山ウド」を頂きました。
頂いた瞬間からもう晩のテーブルの絵が目に浮かびました。
私が選んだのは「萬寿鏡三年寝太郎」です。
「萬寿鏡三年寝太郎」は特別純米酒を素焼きの大甕で3年間熟成させた特別純米酒の古酒です。
熟成された香ばしい香りに、酸味とうまみがうまく調和し、きりっとした味わいで後味がしまっています。
いいですねー・・・!
「サバの味噌漬け」は味噌にほんのりショウガが利いていてうまっ!!
お酒とまろやかに馴染んでくれます。
そしてお待たせしました「ネマガリダケ」はシンプルに皮ごと焼いて、お醤油をたらして食べます。
カリッとアスパラのようにほんのり甘く、香りはトウモロコシのよう♪
お酒の香りが引き立ちますね!
「山ウド」は味噌をつけてと味噌炒めにしましたよ。
ウドの香りが良くって、お酒とまろやかに馴染んでくれます。
「ネマガリダケ」はスーパーでは売っていなくて、頂き物でなければなかなか食べる機会のない貴重な食材、そして「山ウド」もスーパーのものとは香りが違いますよね~!!
うんうんと頷きながらついついお酒もすすみます。
「萬寿鏡三年寝太郎」は熟成された香りと酸味のしまった熟成酒でした。
「ネマガリダケ」と「山ウド」貴重な味わいをありがとうございました。
ご馳走様でした。


[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-30 15:39 | 萬寿鏡

萬寿鏡 純米吟醸 じぶんどき

今日は地元の定番純米吟醸を楽しみます。
「萬寿鏡 純米吟醸 じぶんどき」です。
「萬寿鏡 純米吟醸 じぶんどき」は香りをひかえめにし、晩酌時のつまみとの相性を重視して造った純米吟醸酒です。
落ち着いた香りで、含み香は豊か、ほんのり甘い口当たりとすっきりした旨味が広がります。
後味は優しいキレがあります。
今日は「やきとり」です。
皮、ねぎま、もも・なんこつ・・・やっぱ塩いいですねー!
タレより断然塩です!!
軟骨のコリコリがたまんないですよね~!
お酒としっとり馴染んでくれますね。
「新たまねぎのツナおかかサラダ」はしゃきしゃきっとほんのり甘く、そしてのりの香りが追いかけてきてうまっ!!
お酒とよ~く合います!!
やっぱこれいいですね~♪
そして「ソラマメ」。
この独特の香りが初夏ですよね~。
お酒の旨味が引き立ちます。
「萬寿鏡 純米吟醸 じぶんどき」はほんのり甘くすっきりした味わいの純米吟醸でした。
「新たまねぎのツナおかかサラダ」是非作ってみてくださいね!
ご馳走様でした。



┏ ≪新たまねぎのツナおかかサラダ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・新たまねぎ…4個(800g)
┃・ツナ缶…1缶(120g)
┃・かつお節…8g(1カップ)
┃・酢、しょうゆ…各大さじ2
┃・刻みのり…適宜

┃ 【作り方】
┃1)たまねぎ2個は輪切りで薄くスライスし、
┃  5分ほど水にさらして水気をきる。
┃2)もう2個のたまねぎは1cm幅の
┃  輪切りにし、フライパンまたは網で焼き、
┃  焼き色をつける。
┃3)ボウルに1、水気をきったツナ缶、かつお節、
┃  酢、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
┃4)器に、2の上に3を盛りつけ、
┃  適量の刻みのりをトッピングする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-29 15:36 | 萬寿鏡

越後鶴亀大吟醸スリムブルー

やっと野菜の価格が安定してきましたね。
今日はキャベツとアサリとイカを使ったお料理で大吟醸を楽しみましょう♪
今日は選んだのは「越後鶴亀大吟醸スリムブルー」
「越後鶴亀大吟醸スリムブルー」は新潟県産五百万石100%使用の見た目がファッショナブルな大吟醸酒です。
イチゴのような華やかな吟醸香、透明感のある味わいで、すっきりとしたうまみが穏やかに広がります。
後味はスキッとしたキレ味があります。
さて、「イカとキャベツのアサリ蒸し」はキャベツにイカとアサリの旨味が加わり、シンプルなのにうまい!!
お酒とまろやかに馴染んでくれますね。
スープまでおいしくってにっこりです!
そして「ホッケ」はふっくらした身から噛めば噛むほどうまみがどんどん出てきます。
お酒とすっきり馴染んでくれますよ。
「れんこんの磯辺揚げ」は香ばしくってもっちりうまい!!
のりの香りがまたいいんですよね♪
こちらもお酒とよく合います。
「越後鶴亀大吟醸スリムブルー」は華やかですっきりした味わいの大吟醸酒でした。
「イカとキャベツのアサリ蒸し」めちゃおすすめです!
ご馳走様でした。



┏ ≪イカとキャベツのアサリ蒸し≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・小イカ…300g
┃・アサリ…300g
┃・キャベツ…500g
┃・水…1・1/2カップ
┃・にんにく…1/2片
┃・塩…適量
┃・コショウ…適量
┃・ヴァージンオイル…適量

┃ 【作り方】
┃1)キャベツは3cm角に切り、
┃  芯の部分は薄切りにする。
┃2)小イカは軟骨と目、クチバシを取り除き、
┃  アサリは砂出しする。
┃3)フライパンにヴァージンオイル大さじ2と
┃  叩きつぶしたニンニクを入れて熱し、
┃  香りが出たらキャベツを入れ、
┃  塩、コショウをして炒め、
┃  アサリと分量の水を加えて蓋をする。
┃4)アサリの殻が開いたら、
┃  イカを加えて火を通し、
┃  仕上げにヴァージンオイルを加えて混ぜ込み、
┃  塩、コショウで味を調え、器に盛る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪れんこんの磯辺揚げ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・れんこん…300g
┃・塩…小さじ1/4
┃・酢…少々
┃・酒…小さじ1
┃・小麦粉…大さじ3
┃・焼きのり…1/2枚
┃・揚げ油…適宜

┃ 【作り方】
┃1)れんこんは皮をむき、酢水に放して
┃  アク抜きをし、おろし金ですりおろし、
┃  水気を八分目ほどしぼる。
┃  塩と酒、小麦粉を加え、よく混ぜ合わせる。
┃2)焼きのりを帯状に切り、1のれんこんを
┃  ひとさじくらいすくって乗せ、
┃  竹串を使って3cm幅、5~6cm長さの
┃  棒状に形作る。
┃  くるくると巻き、巻き終わりを
┃  水溶き小麦粉で止める。
┃3)揚げ油を170℃の中温に熱し、
┃  2のれんこんを入れ、ゆっくりと
┃  きつね色に揚げ、油をきる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-22 11:32 | 新潟の地酒

棚割改良!

当店の棚割を改良しました。

私的にはずいぶんすっきりしたなぁ・・・とご満悦!

当店のメイン「日本酒」の棚の隣に「地酒日誌」のコーナーを設けています。
「地酒日誌」でお伝えして私がおいしかったお酒を印刷し、その瓶を飾っています。
合わせた料理などの写真もあるので、お酒選びに迷った時に参考にしていただけます。

で、焼酎の棚を移動したり、リキュールの棚を移動したり・・・
結構地道な作業でしたよ。

ぱっと見にはあまり変わった感がないかもしれませんが、棚割を変えると今まで売れなかった商品が売れたりすることもあるものです。
それに期待します!

&商品と棚板をきれいに拭いて、すっきりいい気分♪

是非ご来店くださいね!!


[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-18 17:29 | お知らせ

越の初梅寒仕込本醸造

お客様から大きな筍をいただきました。
新潟では今が筍の旬ですね。
今日はその旬の筍と「越の初梅寒仕込本醸造」を楽しみます。
「越の初梅寒仕込本醸造」は雪国新潟の厳冬期に醸造し、低温発酵させた本醸造酒です。
落ち着いた香りで、まろやかな口当たりとすっきりした旨味、きりっとした後味がとっても爽やかです。
さりげなくおいしいですね~♪
今日はお刺身を用意しました。
「鯛」は優しく上品な旨味、「ブリ」はしっとり脂がのっていて、お酒とよく合います。
「マグロの赤身」はさっぱりとしていておいしいけど、今回は何と言っても「ブリ」に軍配!!
「春の煮しめ」は筍がコリコリしてほのかに甘くおいし~♪
ニシンのうまみが染みています。
フキにきぬさや、春がいっぱい詰まっています。
お酒とよ~く馴染んでくれますね。
「レンコンの梅あえ」はしゃきしゃきっとしていて、梅の酸味でさっぱりしているところにねぎがアクセントとなっています。
お酒ともよく合いますね。
「越の初梅寒仕込本醸造」はきりっとした爽やかな本醸造酒でした。
さりげなくおいしいですよ。
ご馳走様でした。



┏ ≪春の煮しめ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・身欠きにしん…3本
┃・たけのこ(中)…1本
┃・ふき…3本
┃・にんじん(中)…1本
┃・車麩…2枚
┃・絹さや…8枚
┃・酒…1/2カップ
┃・だし汁…4カップ
┃・A本がえし…70cc
┃  みりん…大さじ2

┃ 【作り方】
┃1)身欠きにしんは米のとぎ汁に2~3時間
┃  浸して戻し、きれいに水洗いして汚れを取り、
┃  4つに切る。
┃2)たけのこはゆでて乱切りにする。
┃3)フキは板ずりしてからゆでて水にさらし、
┃  冷めてから皮をむき、4cmの長さに切る。
┃4)車麩は水で戻し、1枚を4つに切る。
┃5)鍋にだし汁と酒を入れ、1の身欠きにしんを
┃  加えて火にかけ、15分ほど煮る。
┃6)ニシンが柔らかくなったら、乱切りしたにんじん、
┃  たけのこ、ふき、Aを加え、弱火で15分ほど
┃  煮る。車麩を加えて8分ほど煮る。
┃7)器に盛り、塩ゆでした絹さやを添える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ ≪れんこんの梅あえ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・れんこん…正味400g
┃・練り梅…大さじ4
┃・だし汁…大さじ4
┃・万能ねぎの小口切り…少々

┃ 【作り方】
┃1)れんこんは皮をむいて縦4等分にし、
┃  一口大の乱切りにして水で洗う。
┃2)ボウルに練り梅を入れ、だし汁を
┃  大さじ1ずつ加えながら溶きのばす。
┃3)鍋に湯を沸かして1を入れ、
┃  透き通るくらいまでゆでる。
┃  ざるに上げて水気をきり、
┃  熱いうちに2に入れてさっとあえ、
┃  そのまま冷ます。
┃  器に盛り、万能ねぎを散らす。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-15 17:22 | 越の初梅

朝日山純米酒

今日は一日早く「母の日パーティー」を開きます。
乾杯は「朝日山純米酒」です。
「朝日山純米酒」は朝日山の定番シリーズ丸ラベルの新顔純米酒です。
ふっくらとした純米香、まろみのある旨味の中にすっきりした酸味と純米のコク、そして爽やかなキレ味が楽しめます。
さすが朝日山!
丸ラベルの新定番と呼ぶにふさわしい味わいですね。
「豚肉の味噌漬け」は特製の味噌床に2日間漬け込みました。
しっとりしたお肉に味噌のうまみが加わってうまっ!
口の中いっぱいにお肉のうまみが広がり、お酒としっとり馴染んでくれます。
「冷奴の山椒佃煮添え」はつるんとしたお豆腐に山椒の香りが広がり、後味にほのかな清涼感を残します。
こちらもお酒とよく馴染んでくれますね♪
そして「きゃらぶき」は鼻に抜けるふきの香りが心地よく、しっかりしたお醤油の味はそれだけでお酒が進みます。
娘が張り切り仕切った「母の日パーティー」。
金色の瓶のふたをデコレーションしてエンブレムにした手紙をもらい、ほのぼのとしたパーティーは笑い声が弾みます。
「朝日山純米酒」は純米のコクと爽やかなキレの丸ラベルの新定番と呼ぶにふさわしいうまい純米酒でした。
おまけにこの価格は試さなきゃ損ですよ!
ご馳走様でした。



[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-08 15:19 | 朝日山

福顔えちご只今さんじょう

今日は今年最後の「しぼりたて」を楽しみます。
「福顔えちご只今さんじょう」です。
「福顔えちご只今さんじょう」は槽口から垂れているそのままを密封した吟醸しぼりたて生原酒です。
豊かな吟醸香にしっとりフレッシュ感を感じます。
とろっと旨味があって、更にシュワッときりっとチリチリと!
超フレッシュな「しぼりたて」ですね!!
しっかり濃い~くてフレッシュ、パンチがあって満足感たっぷりです!
そんなフレッシュなお酒に合わせるのは「カキフライ」。
ジュワ~っと絡みつく旨味がたまりません!
お酒とまろやかに馴染んでくれますね。
いいですね、いいですネ~!!
そして「豆腐のきのこあんかけ」はトゥルンとしたあったかいお豆腐にコリコリ歯触りのきのこあんがかかっています。
こちらはお酒がきりっと、良く合いますね。
まだまだ夜は寒い新潟なので、この温かいお豆腐はうれしい一品です。
「きゅうりの浅漬け」はシンプルな塩味。
お酒と合わせるときゅうりの香りがメロンに変身します。
これはちょっと驚き。
「福顔えちご只今さんじょう」はシュワッときりっとチリチリの超フレッシュな「しぼりたて」でした。
「カキフライ」めちゃお勧めです。
ご馳走様でした。



┏ ≪豆腐のきのこあんかけ≫

┃ 【材料】 (4人分)
┃・木綿豆腐…2丁(600g)
┃・えのきだけ、ブラウンえのきだけなど
┃  好みのきのこ合わせて…600g
┃・Aだし汁…2カップ
┃  しょうゆ…大さじ6
┃  みりん…大さじ2
┃・片栗粉…大さじ2

┃ 【作り方】
┃1)きのこは根元を切ってほぐす。
┃  鍋にAを入れて中火にかけ、
┃  きのこを入れて7分ほど煮る。
┃  片栗粉は同量の水で溶いておく。
┃2)別の鍋に湯を沸かし、豆腐を入れて
┃  温める。
┃  崩れないように取り出して湯をきり、
┃  1丁を6等分に切って器に盛る。
┃3)きのこが煮えたら水溶き片栗粉を入れて
┃  大きく混ぜ、とろみをつけて
┃  豆腐にかける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by yamazakisaketen | 2010-05-01 13:51 | 福顔